人気ブログランキング | 話題のタグを見る

読む漢方薬

読む漢方薬_d0091249_14484888.jpg

大変うれしいできごとがありました。私は昨年の夏からニュースレター(新聞)を3ヶ月に1回の割合で発行しているのですが、その読者からお電話をいただきました。

発行しているといってもまだ4回だけで、部数は100部足らず。B4両面のごく簡単なもので配布先は過去取引のあった医療機関、そして現在のお客様です。

電話をいただいた医療機関とは10数年前に一度取引はあったのですが、その後まったく行き来のないところです。そこから「新聞読んでるよ!」という連絡でした。しかも、「現在のホームページを作り替えたいので相談に乗ってくれるか?」というお話でした。私は新聞の中にちょくちょくホームページに関する記事を書いていましたので、それが目に留まったのでしょう。

新聞(ニュースレター)は漢方薬

です。出した当初はまったく反応はないし、効果もありません。事実、昨年夏からこの5月までまったく反応がありませんでした。しかし、ニュースレターには直接会ってはいなくても実際会ったかのような印象を抱かせる効果があるようです。

仕事が忙しくなったり、顧客数が増えたりするとついつい既存のお客様と疎遠になってしまいます。しかし、こちらがお客様のことを忘れてはいけないのと同じように

お客様からも忘れられてはならない

のです。それを解消する手段としてこのニュースレターは誠に有効なツールです。

医療機関でも新聞(社内報や広報誌)を発行してらっしゃるところもあるでしょう。また、郵送コストや印刷費がかかるためメールマガジンを発行しておられる方もあるでしょう。しかし、私は本当なら新聞形態(アナログ)がいいように思います。お年寄りは断然アナログです。

しかし、そうは言ってもコストが・・・とおっしゃる方もいらっしゃると思います。その場合は使い分けることが必要です。

お緊急のお知らせなどタイムリーな話題はメール

じっくり読んで欲しい話題は新聞

というように使い分けてはいかがでしょう。あるいは、メール所持者に「メールで発行しました」というお知らせを送り、ホームページからダウンロードしてもらうよう誘導すればほとんどコストはかかりません。そのように使い分ける方法を考えてみてください。

ニュースレターは特効薬ではなくじわじわと浸透してくる漢方薬、皆さんもぜひニュースレターにトライしてファンづくりをすすめて下さい。
# by yongenso | 2008-05-10 14:50 | 医業PRのヒント

ユニーク伝染病

プロ野球楽天イーグルスは今年結構頑張ってます。昨年、球団初の4位で今年はプレーオフ進出圏内の3位を狙っているとか…。ぼやきのノムさんの采配に注目したいところですが、私は楽天の商売根性に注目しました。

昨年見事に復活し、ホームラン王と打点王2つのタイトルを獲得したベテラン40歳の山崎武司(ヤマサキタケシ)選手プロデュースの商品がこの4月に発売されたそうです。その名も

テバサキタケシ

ユニーク伝染病_d0091249_1013990.jpg
鶏肉の手羽先を使った商品(おつまみ)らしいのですが、彼の名前に引っ掛けて面白いネーミングにしたものです。7本入って800円。これにはオリジナルのステッカーがついてます。

このオリジナルに人間は弱いんですね。商品の魅力もさることながら自分しか持っていないところに優越感を感じるのです。

今、プロ野球は有力選手が大リーグへどんどん流出して斜陽産業化していると言われますが、私はそうは思いません。

プロ野球にもっと興味を持ってもらう、球場に足を運んでもらうためのアイデアが不足しているだけ

です。こうした選手プロデュースによる商品開発も球場に足を運んでもらうための策の一つです。

私が温めているアイデアが一つあります。それは、

選手自身のエンターテインメント化

ひとり一人の選手にもっともっとスポットをあてるのです。いくら実力に違いはあると言ってもプロなんですから一定のレベルはあります。そこで全選手にニックネームを付ける。現在では

「ハマの番長」「鉄人アニキ」「ゴジラ松井」「安打製造機イチロー」

などが知られていますが、新しいネーミングを考えすべての選手に付けてバッターボックスに入るたびにニックネームで紹介する。例えば

『塀ぎわの魔術師』
『スローイングの美しさナンバーワン』
『嫌らしいバッティングの伝道師』

何でもいいのです。また、

マイクパフォーマンスをもっと磨く!

もいいですね。球団が話術の専門家を招くなどしていかに笑いを取るか?を伝授するのです。その期待感だけで観客は球場に足を運びたくなります。

もちろんプロとしての技術、野球そのもので最高のものを追求しなければなりませんが、本質にプラスした楽しみを提供することによって球場でしかその楽しみが味わえないのであれば、人は自然と足を運ぶのです。

プロ野球のエンターテインメント化をどの球団にも図り、どんどん伝染させていけばプロ野球人気も捨てたものではありません。
# by yongenso | 2008-04-21 10:22

アイデア欠乏症を脱却しよう

久し振りに感動しました。

「何に?」

『豆腐』にです

「エッ!豆腐ってあの豆腐?」

そう、あの豆腐です。

「たかが豆腐じゃない…どこに感動するようなことがあるの?」

まずは下の写真をごらん下さい。
アイデア欠乏症を脱却しよう_d0091249_14122221.jpg


皿の上に盛られた何の変哲もない豆腐。豆腐ってそもそもわれわれの食卓で主役になることってあまりありませんよね。でも、この豆腐はちがいます。もう一枚の写真をごらん下さい。

アイデア欠乏症を脱却しよう_d0091249_14133297.jpg


私が豆腐を食べようと醤油をかけた瞬間、

ジャジャ〜ン〜〜〜〜〜


『男』


という字が浮かび上がりました。

そう、豆腐の表面に型が作ってあったんですね。いや〜、これには思わず

「面白い!」

と声を挙げました。なかなかのセンス、心憎い演出です。この「男前豆腐」、マスコミなどでひんぱんに取り上げられ結構有名なんですが、ネーミングらからして面白いですね。ほとんどが当たり障りのない名前を付けがちなんですが、思い切ったネーミングを付けたこの会社に敬意を表します。

もちろん、見た目の面白さだけではありません。味も結構いけます。おかずというより『デザート』と言ってもいいぐらいのおしゃれでなおかつ濃厚な味わいでした。見た目だけの豆腐なら一度は買ってくれても長続きしないでしょう。

味が本物だからこそ繰り返し買ってくれる

そう思います。この豆腐、他の商品と比べると1.5倍〜2倍ほど高いんですが、かねてから価格についてうるさい私の妻が買ったぐらいなんですから。つくづく商品というのはアイデア次第なんですね。結局は、

『味(品質)×人の心を動かす感性(表現力)』

ですね。医療機関の方々の中には、

「腕さえ良ければ患者はやって来る!」

的な言い方をされる方がありますが、大事なのは「腕が良いことを患者のレベルでわかってもらうこと」なのではないでしょうか。結局は「患者心理」「顧客心理」に尽きます。ここに焦点を合わせさえすれば、さまざまなアイデアが湧いてくると思います。
# by yongenso | 2008-04-14 14:16 | 医業PRのヒント

企業発展栄養剤“にんげん”

どの企業でも厳しい競争環境を勝ち抜くために商品やサービスをどうやって差別化していくかにしのぎを削っています。その努力たるや一時も気を抜くことはできず、まさにエンドレスです。そうした中にあってキーワードはどうやら“人”にありそうです。

人を惹き付ける商品やサービスは何もないところに生まれるはずはありません。すべてそれを考える、生み出す“人”がいたからこそ出来たと言うのが本当です。

関東地方にサニタリー関連で結構有名な会社があります。ここの社長は常に新しい発想、ユニークな発想をされる方ですが、この企業の様々な取り組みはまさに目からうろこです。

働くお父さんやお母さんの働く姿を子供たちに見てもらうことで社員のやる気が高まるのではないか、ということで実施したのが

「子ども会社見学会」

夏休みを利用して子どもたちに親と一緒に出勤してもらいました。会社の始業時に親が掃除をすれば同じことを子どもにもやってもらい、シュレッダーをかけるときも同じようにやるという具合に。その後は社内でミニレクレーション大会。クイズやじゃんけんゲームなどで盛り上がり、優勝者にはスタジオジブリのカレンダーを進呈。

また、最後に子どもたちが親に対してサンクスカードを書いて手渡すというところまでやります。このことを通じて子どもたちは親の大変さを知ることになります。ここから親に対する感謝の気持ち、尊敬の気持ちが生まれるはずです。昨今は父親の給料が振り込み制になって威厳が低下したと言われていることもあるだけに信用を取り戻す絶好の機会ですね。

こうしたイベントを発案したのも社員の力です。社内からどんどんこうしたアイデアが沸き上がってくるとしめたものです。しかし、たいていは社員自らアイデアを出そうとする人間は少ないものです。

●10人のうち積極的にアイデアを出そうとする人間が2人
●足を引っ張るのが2人
●どちらでもなくできれば面倒くさいことから逃げ出そうと思ってるのが6人

というように分かれます。

しかし、この企業は社長自身がアイデアマンで、しかも社員を巻き込むことに非常に長けた人であるせいか、社内が新しいことをどんどん実行する自由闊達な社風が出来上がっているのです。そう考えるとやっぱり“人”に尽きますね。人こそ企業発展の成長剤です。優秀な社員が育ちやすい環境、社員の本音を引き出せる環境、社員のやる気を引き出す仕組みなど、今後は経営者としての力量が問われます。
# by yongenso | 2008-03-24 10:43 | 四元重美ブログ

非常識な人間になりたい病

非常識な人間になりたい病_d0091249_19411983.jpg
久しぶりのブログです。昨日は中小企業家同友会のブロック例会でした。報告者は税理士の海江田博士氏。タイトルは「可能性への挑戦〜あなたは自分に“ふた”をしていませんか〜」。

東京でのマーケティング会社起業時のエピソードをいろいろ交え、なるほどと気づかされることの多い素晴らしい会でした。

昨日の話を聞いて、私は

自らの能力・想いに壁、限界線を作っている」ことに気づかされました。

毎年目標を掲げながら「やっぱりダメなのではないか、自分には難しいのではないか…」という恐れをどこかに抱きつつ、目標を達成できなくても

「まあ、赤字にはならなかったのだからこれで良いではないか…」

とあっさりあきらめてしまっている自分がいます。7割の達成率なのに妥協しているのです。その最大の原因は、私の心の弱さにあるのやもしれません。

(1)大きな会社、俗に言われる成功者に対する気後れ
(2)自分が信じた道はたとえ相手とけんかになってでもやり通そうとする強い心がない
(3)人からいい人間だと思われたい見栄、虚栄心

そうしたものが私の行く手をさえぎっていたのかもしれません。

そこで私自身を変えるために今私自身がテーマとしているのが、“非常識”。しかし、単なる非常識なら馬鹿者になってしまいます。目指すべきは


倫理観のある非常識


常識的なことばかりに捉われていては大きなことは出来ません。常識とは言い方を変えれば「先入観」「既成概念」。私自身は結構積極・前向き派の人間だという自負がありました。でも現実はどうか、創業して20年にもなるのになかなか思い通りにならない、いや思い通りにならないというより

「あやふやなイメージ、希薄な想いだったがためにあやふやな結果が現れた」

という方が正しいでしょう。人間にとって夢・希望は心の栄養剤。この栄養剤を賞味期限が切れないように常にリフレッシュしながら、品質保持を図りながら歩いていこうと思います。

以下、今回の話を聞いて次の5つを私は誓います。

1)既成概念、先入観を取り払い、いい意味の非常識病の人間になる
2)儲けよう、儲けようと自分中心で考えるのではなく、相手をとことん喜ばせることを先に
3)大きな企業に対して気後れせず、人間みな同じだというスタンスに立つ
4)まず行動する、そして考える。行動と思考は掛け算で
5)ごまかさない、逃げない、ぶれない

非常識な人間になりたい病_d0091249_19421662.jpg
# by yongenso | 2008-03-14 09:50 | 四元重美ブログ