2007年 07月 25日 ( 1 )

客観的自己診断不足症

つくづく自分のことはよくわからないと感じさせられることが多いものです。自分のことだから一番よくわかっているはずなのにどうしても盲目的になりがち。これは自分自身を客観的に見られない産物と言えるのでしょうか。

昨日は建築リフォーム関連のある経営者からホームページについて相談を受けました。

HPを開設して一年あまりになるがなかなか成果が出ないのでどうやったら出せるか?
という相談です。

細かいテクニックは数多くあるのですが、ページを拝見してまず思ったのがページに『にぎやかさ』が感じられないのです。確かに理路整然と並べられてきれいではあるのですが殺風景なのです。それと、ホームページにとって最も重要なことが欠けていました。それは


一方的な情報提供


に終わっているということです。そもそも人はHPを何のために見るのか?


自分にとって必要な情報を探すため


です。業者にとって必要な情報ではなくお客の側にとって必要な情報です。実は、お客の側にとって必要なキチンと盛り込んでいないHPがあまりにも多いのが現状です。自分の言いたいことだけ、例えば

「実績」
「プロフィール」
「スタッフの紹介」
「社の特長」
「社の歴史」

などを強調しているのです。お客が欲しいのは、自分および家族の問題解決のために

「どのようなリフォームを選択すればよいのか?」

「リフォームをするにあたってどういう点に気をつけなければならないのか?」

「最近のリフォーム業界の現状」

などお客がまず知りたいことを情報提供すればよいのです。この社長も私がアドバイスするまでまったくそのことに気づいていませんでした。ただ売り込み一辺倒のページだったのです。これではお客は興味を示してくれません。何しろ何百万円にも達する大仕事ですからお客の側もより慎重になっているのです。

意外とこうしたことに人間は気づきません。かくいう私もこの手の失敗は数多くやらかしています。それを克服するには

ズバリ指摘してくれる友人、部下を持つこと

ですね。経営者ともなればなかなか単刀直入に指摘してくれる人は少なくなります。そこをあえてチャレンジすることにより客観的自己診断不足病は解消することでしょう。
[PR]
by yongenso | 2007-07-25 08:58 | 医業PRのヒント