いのちの理由

東日本大震災、未曽有の被害は拡大の一途をたどり、いったいどこまで拡がるのか、そして日本は立ち直れるのか、そんな不安さえ感じさせる出来事です。

いや、日本はあの太平洋戦争の惨禍の後、奇跡的に復活し現在の繁栄を築きました。良い意味で捉えれば日本国民全体に突きつけられた試練のように思います。

今回の地震で命を落とした方はわかっているだけで1万人近く、その中には1歳の子供から90歳代のお年寄りまで様々です。わずか1歳で亡くなって行った子供たちの生まれてきた訳、命の訳とは何でしょう。


何らかの役割をもってこの世に生を受けたはず。そう考えたときにふと先日の義兄の葬儀を思い出しました。私の義兄(長兄)は83歳でした。まあ、普通に考えれば大往生とは言わずともそれなりの人生だったなと誰もが思ったはずです。

私自身も義兄は幸せだったんじゃないかとさえ、その時点では思っていました。ところが、斎場から流れてきた曲に私は魂を揺さぶられたのです。その曲とは

さだまさしの

「いのちの理由」
――――――――――――――――――――――

私が生まれてきた訳は父と母に出会うため

私が生まれてきた訳は兄弟(姉妹)たちに出会うため

私が生まれてきた訳は友達みんなに出会うため

私が生まれてきた訳は愛しいあなたに出会うため

春来れば 花自ずから咲くように

秋来れば 葉は自ずから散るように

しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ

悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように

――――――――――――――――――――――
私はそれまで涙をこらえていたのですが、この曲が流れた途端もう涙が止まりませんでした。
果たして兄が生まれてきた理由は何だったのか、この世に何をしに生まれてきたのか…
その思いが私の心の中を駆け巡ったのです。

ひるがえって、今回、大地震で命を落とした方々の生まれてきた理由。これをどこに見い出せばいいのか、正直わかりません。


あえて見つけるなら、これまでの私たち日本人の生き方を見直し、本当に人間らしく、誰かのために尽くせる人間になって欲しいという願いを自らの命と引き換えに私たちに教えてくれる役割、それぐらいしか思い当たりません。

日本人がこれまで営々と築いてきた

隣人を思いやる心、自らの命を捨ててまで人を救う心、すなわち

「武士道精神」

です。私は日本人が世界に誇るべきこの精神を今一度呼び起こすべく行動していきたいと思います。

今、生かされているこの命に 感謝合掌
[PR]
by yongenso | 2011-03-23 17:20 | 四元重美ブログ


<< 想定外と想定内 広報活動強固剤の投薬 >>