人気ブログランキング | 話題のタグを見る

経営者=社員一体化促進剤

昨日は、しないで行われた「絵本ワールドinかごしま」に行ってきました。幼児から児童、大人、高齢者まで多くの人でごった返しでした。

絵本を食い入るように見つめ、その場から離れようとしない子供たちを見て「絵本はきっと情操教育に役立つだろうな」と思うことでした。

その後、しばらく時間があったので映画を見ようということになりました。しかし、時間が中途半端だったこともあり、妻が希望した映画にはありつけず、私の希望で「釣りバカ日誌」を見ることに!

やっぱりいいですね。大きな画面、大迫力の音響、そして暗がりの中の緊迫感。我が家で見るテレビとはまた違った趣があります。

今回の作品が最終作ということでちょっと寂しい気もします。私は昔から「寅さん」の大ファンで、こうした人情劇はとても好きなんです。


映画をまだごらんになっていない方の興味を半減させるのは申し訳ないのですが、ラストシーンで鈴さんの「会長」退任コメントが素晴らしかったです。


「鈴木建設は永久に不滅です」


どこかで聞いたようなセリフ。そして、最後にこうも付け加えました。


「会社は社長、会長、重役のためのものでもない、また株主のためのものでもない、会社を支えてくれる社員、君たちのものだ」

と。とても共感を覚える部分です。覚えてらっしゃる方も多いかと思いますが、一時期プロ野球球団の買収やテレビ局の買収などお金にモノを言わせて派手に立ち回った方がいましたね。あの方がインタビューの中で「会社は株主のものだ、そのために時価会計総額を高めることが私の重要な仕事なのだ」と言っているのを聞いたときに、どうしても私は納得できませんでした。


会社は「社員とお客様のものだろう…」と。


純粋に会社を応援する意味で株主になっているのならいざ知らず、利益が取れないとなるとサッサと株を売って他に乗り移る人たちのものとは到底考えられなかったからです。これから、もっともっと

社員(職員)と経営者が強固な信頼関係で結ばれ、世の中になくてはならない企業、医療機関が増えていくようにささやかながら私もお手伝いしていきたいと思っています。

では、その信頼関係を構築するにはどうするか?私は二つのキーワードを考えました。


聴く&目標を明確にする


この二つが重要なのではないかと思います。

「人間は人から言われたことはやらないが、自らがやりたいと思ったことは実行する」

とよく言われます。まず職員の気持ち、希望をトコトン聴いて聴いて聴きまくる。その過程で院の目標と、個人の目標を重ね合わせる。こうすることによって初めて


自主性


が生まれるのだと思います。
by yongenso | 2010-01-25 08:53 | 医業PRのヒント


<< 突っ込み栄養剤 理想は上へ、足元はさらに下へ >>