経営理念執着病

昨晩、あるクリニックからお誘いを受け新しい職員の歓迎会・懇親会に出席してきました。外部者は私を含め3名。二次会、三次会までごちそうになり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

その中でドクターとかなりの時間お話をしたのですが、その話題が

「経営理念」

です。私はこの経営理念というのがこれから本当に大事になってくると思っています。それは昨今の企業の不祥事と無縁ではないと思うからです。今消費者、生活者は企業やメディアから発信される情報を鵜呑みにしない、特に企業から発せられるきれいな、プラスの情報に対して敏感になっています。疑いの目を向けているのです。

そうした中にあって企業たるもの確固たる「企業哲学」「理念」「方針」が必要です。どんなことがあってもぶれない姿勢、それは理念に立脚した考え方、行動だからぶれないのです。

このドクターとは

「増患」

ということについて盛り上がりました。果たして医療機関にとって「増患」はいいことなのか?今医療機関といえども競争が激しくなり、どのように患者を獲得するか?ということがテーマになっています。医療機関は収益事業ではないといわれるものの一定の収益がなければ維持できないことも事実です。だからこそ「増患」

私はもともとこの「増患対策」という言葉に抵抗を感じています。患者を増やす…とは病人を作るということにつながらないでしょうか?。正しくは「増ファン対策」というべきです。

それはともかく、このドクターはただやみくもに患者を増やすという視点は整合性が取れないといいます。今50人しか来ないところを増患だといって200人来るようになった。これは非現実的です。スタッフの体制、医療機器が揃わない、あるいは建物自体のキャパシティが整わない…。これはあまりに無鉄砲です。

結局、


●なぜ患者、ファンを増やさなければならないのか?

●自院は何をもってこの社会に貢献しようとするのか?

●同じ医療機関でもどの分野の役割を果たすのか?



そうした基本方針を明確にしない、極限まで掘り下げないまま、ただ増患を謳うのは本末転倒と言わざるを得ません。その根幹こそが経営理念なのです。

私もこれまで多くの医療機関とお付き合いしてきましたが、経営理念をしっかりと、しかもよそからの借り物ではなく、自らの言葉で語っている例があまりにも少ないように感じています。

そうした観点からこのドクターが目指す方向性はとても共感できるものです。私は私なりに精一杯お手伝いさせていただこう、その理想実現のためにお役立ちをしようと意を強くしたのでした。
[PR]
# by yongenso | 2009-04-29 13:39 | 四元重美ブログ

女性の力活性剤

今日は鹿児島大学の21世紀ルネッサンスアカデミーにおいて講師を務めてきました。この講座は、社会人を対象として新規ビジネス、ソーシャルビジネスの育成を目的として始まったもので今年で3年目です。

私は当初からこの講座の『プレゼンテーションスキル』を担当させていただいております。この講座は

自分の思い、プランをどう伝えるか、どう分かってもらうかというスキルを磨くためのものですが、特に今回感じたのは女性の参加者が増えているということです。それだけ女性の社会進出が盛んになっていることもありますが、何か新しいことをはじめたい、何か社会的に役に立つことをやってみたい、そう感じている女性が増えていることの証拠です。

私はこれからのビジネスにおいて女性の感覚を活かす、女性の視点を取り入れる、このことがとても大切になってくるのではないかと感じています。

それは、地球温暖化をはじめとした環境問題はもちろん、世界各地で起こっている紛争と無関係ではありません。世界の人々は平和な暮らしを望んでいるにもかかわらず、争いが絶えない。これには直線的な男性の考えが色濃く反映しているのではないかと。

これに対して女性は曲線的であります。争いごとを望まないし、母性愛で人を包みこむ、これが本姓であります。最も最近ではボクシングなどの格闘技に女性が進出し、狂喜乱舞する女性が増えていることにいささか違和感を覚えているのですが・・・・。

しかし、いずれにしても女性の活躍のフィールドがどんどん広がっている傾向にあることは大歓迎です。およそ女性が働くなどとは想像しえなかった建設現場、トラック輸送現場などをはじめとして、イキイキと働く女性が増えていることは歓迎すべきことです。

われわれ男性経営者、幹部はそのことをよく認識しておおいに女性の登用を図りたいものです。

d0091249_1258727.jpg

[PR]
# by yongenso | 2009-04-19 12:53 | 四元重美ブログ

誉め言葉欠乏症,認められたい症候群

久しぶりのブログです。

私が最近通っているクリニックで気になっていることがあります。そのクリニックには看護師をはじめ、多くのスタッフがいるのですが、その中で一人、少し冷たい対応をする人がいるのです。

その顔に笑みが浮かぶこともなく、冗談を言ってもその表情が変わることはない…。挨拶をしてもただ機械的に返すだけで、この人と会うたびに私は「正直この人には診てもらいたくないな」と思い、なるべく目を合わせないようにしていました。

しかし、あるとき「これではいけないな」と感じたのです。それは「こちらが嫌だなと思ったから、あっちもそれ相応の感情を持っているのでは?」と考えたのです。まさしく鏡の法則です。

それで、相手が変わらないのなら、こっちから積極的に変えてみようと思い始めました。…とはいえ思い始めただけで、なにか解決策が浮かんだ訳ではありません。まず、私は


なぜこの人はニコリともしないのか?


を考えることにしました。

そもそも「冷たい対応」をすることの原因が分かれば、その人と仲良くなる糸口が見つかるかもしれない…、そう考えたからです。


私はその人が近しい存在の人々、つまり家族や友人、周囲の人々から認められなかった、あるいは誉められなかったために心が満たされず、心を開いてくれないのではないか?という結論に至りました。


私のこの考えが当たっているかどうかはまだ定かではありませんが、少なくともその人の笑顔を見たことがないということは、打ち解けてはいないということを意味します。

人の笑顔を引き出す、これは非常に難しいことですが、しかし私はこれをチャンスだと考えています。もしこの人の笑顔を引き出すことが出来たなら、それは私がその人の心を動かしたということに他ならないからです。

そのためには、


その人らしさ、その人特有の美点に目を凝らす


必要があります。人には必ずいいところがあります。美点だけの人もいなければ、欠点だけの人もこの世には存在ません。私自身が心を込めてしっかり見てそれを素直に誉める。これでひょっとしたら私に笑顔を返してくれるかもしれません。

人の心を動かすとは、まさに自らを変えること、自分自身が先に変わることだと思います。
[PR]
# by yongenso | 2009-04-03 17:55 | 四元重美ブログ

細かいことへのこだわり症

今日ある飲食店(うどん屋)に立ち寄りました。そこで店内をいつものようにキョロキョロしていたところ、ふと1枚のポスターが目に止まりました。“鹿児島産黒豚”を使用している旨の証明書です。ところが、その納入業者の住所「〇〇町」のところが「〇〇長」になっているのです。これは致命傷です。

昨今の食品偽装問題に象徴されるように、お客様はそのお店の発信する情報に敏感です。たった一文字の間違いではありません。信用を勝ち取るためのポスターがいい加減だなあと思われた瞬間に黒豚は本当に鹿児島産か?と疑われかねません。

もちろん、このポスターはお店が作ったものではなく業者の作ったものでしょう。しかし、お店もそれをチェックしていないのですし、お客は業者が作ったのだからと許してはくれません。

細部の細部にまで気を配る

これは、どんな職業・お店にも言えることでしょう。かく言う私自身、とてもアバウトな人間で細かいところにまで神経が行き届かず反省することしきりです。


そこまで細かいところに神経を配るなんて病気みたい・・・


と言われるかもしれませんが、細かいところに気が付く感性がやがては大きなアイデアや発想につながるのだと思います。

私はこのことを店員に伝えました。救われたのはその店員が会計の際、お礼を述べてくれたことです。こういう姿勢が社員全員に浸透しているならば、このお店はきっと今後も繁盛し続けるでしょう。
[PR]
# by yongenso | 2009-02-24 10:26 | 四元重美ブログ

目標=生命向上装置

私の知り合いで88歳になるおばあちゃんがいます。とても陽気で気さくな人なんですが、しばらく体調が優れず、また目の手術をしたりして最近随分老け込んだなあという印象を持っていました。そのおばあちゃんが最近、がぜん元気を取り戻しているという話を家族の方から聞きました。

その訳は昨年末に息子さんの奥さん(嫁)が50代半ばという若さで亡くなり、再びおばあちゃんが息子さんの世話をすることになったのがキッカケだそうです。

毎日バスを乗り継ぎ、約1時間かけて息子の元に通うことでみるみる元気になっていくおばあちゃん。不幸な出来事ではあったけれど人間何がしかの目標、役割を見つけられれば元気になれるのだということを実証しています。

家族の話によれば、いつも節目節目でおばあちゃんに目標を持ってもらえるようにしているんだそうです。

「誰々の○年忌までは元気でいよう」

「○番目の孫が入学するまでは元気でいよう」

「○○のイベントがあるのでそれまでは元気でいよう」

とその都度目標を掲げる。こうしてこのおばあちゃんは今まで元気に過ごして来れた。やはり人間は誰かの役に立てている、やるべきことがあるという目当てさえあれば長生きできるんですね。このことを深く実感したことでした。
[PR]
# by yongenso | 2009-02-02 10:36 | 四元重美ブログ

ビジョンで本物づくり

昨日、福岡に行ってきました。私と同業に近い?方との懇談が目的だったのですが、初対面にしては非常に打ち解けて約6時間、酒も交えて大いに盛り上がりました。

先方は九州で唯一のPR会社を経営しておられる方で、私が医療に特化した活動をしていることに興味を持たれ接触して来られました。

私自身、今後は広告よりはどちらかというと広報が重視される時代に入ってくるだろうなと思っていただけに、今回の出会いをとても楽しみにしておりました。

お会いしてみてとても気さくで、経営の方向性や抱えている課題なども一致点がかなりあり、何らかの形でタイアップしたいという気持ちが大きく膨らみました。

話をする中で、特に再認識させられたことは


広報はビジョンなり


ということです。マスメディアなどとのコネクションができ、取材・報道されることは大変良いことなのですが、単なる一過性であっては意味が無いということです。

メディアに紹介されることはあくまでも点でしかありません。これを線にし、やがては面と成すためには根底に確固たるビジョン(経営理念・方針・戦略)が無ければなりません。そのことを今回の面談を通じて強く感じ、今後の糧にしていこうと誓うことでした。
[PR]
# by yongenso | 2009-01-20 18:11 | 医業PRのヒント

環境づくり特効薬

人は自分自身がやろうと決心しない限り絶対実行しないものです。当社の社員の中学一年生になる息子さんが宿題をいつも夜10時過ぎから、しかもいやいやながらやっていることを父親自身苦々しく思っているということでした。

いつも口うるさく言ってるそうなんですが全く改まる気配がない。どうしたらいいでしょうという相談です。

私はこれにゲーム的要素を取り入れてはどうかと提案しました。息子さんはサッカーやテレビゲームが大好きですから

《1日1分縮めることを一週間継続できたら褒美をあげる》

《父親自身の目標を設定し、その達成を競い合う》

とかです。

子供は遊び大好き人間です。私自身、学生の頃あまり勉強は好きではありませんでしたが、どういうわけか大人になってから勉強が好きになりました。それは、成果が目に見えたからです。成果が見えること自体がゲームをやってるのと同じ、だから辛くは感じなかったのだろうと思います。

我々大人ができることは


相手(子供)がやりたくなるような環境づくり


だけです。これは何も子供だけではなくて、社員教育にも通じること。私たちも相手が自ら望んで行動したくなるような特効薬を開発したいものです。
[PR]
# by yongenso | 2009-01-18 10:10 | 四元重美ブログ

ユーモア欠落症

昨日は衛星中継にて作家の五木寛之氏の講演を聞くことができました。以前から名前だけは知っていたのですが、話を聞くのは初めてです。

氏は、長年作家として生きてこられて最近不思議に思われることがあるそうです。五木さんと接触する若い編集者、特に女性に“心療内科”通いの人が多いと言うことです。まるでショッピングに行くかのような気軽な気分で・・・。

旧来型の人間である私などは、もし掛かるとなったら遠慮がちに行くだろうなと思うのですが、現代っ子はそうではない。ある面、それは非常に医療機関と患者の間が近くなったことだからいいことではあるのですが、しかし、五木さんはそれを憂いていました。なぜ?

体調が悪かったりすると、我々は何か自分の生活スタイルに誤りがあったのではないかと反省するのですが、それを「病気」とひとことで片付けて、深く考えることもなく薬や病院に頼ってしまう。その安易さが最近の暗い世相、荒れた世相と関係しているのではないか?と分析されていたのです。

その最たるキーワードが「うつ」です。最近はうつ病をはじめココロの病というものが爆発的に増えている状況です。しかし、五木氏は

「うつ」は決してマイナスだけではない

というのです。

もともと、「鬱」という言葉には、「草木が勢いよく伸び、生命力があふれる様」を意味するのだそうです。とすれば、「うつ」な気分になるというのは、これから新しいエネルギーが生まれ出る前の状態であり、人間にとっておよそ必要なものである。だから、うつを忌み嫌わず、休息の時間が与えられたと


喜んで受け入れる


必要があるとの話でした。

現代は、通り魔事件や家族間の殺人など目を覆いたく、耳をふさぎたくなるような事件が頻発しています。しかも、殺人事件がメディアを賑わさない日がありません。その根源に私は、


「ユーモア」


が欠落した社会があるように思います。

確かに不況に突入し、リストラや給与カットで心が荒み、笑ってなんかいられない状況でしょう。しかし、そういう時こそ、悲しみを一旦受け入れ、それを喜びに変えるフィルターとしてのユーモアを持つ必要があると思うのです。そのようなゆとりを多くの国民ひとりひとりが持たない限り、もっと悲惨な状況が生まれてくるようで心配でなりません。

今日の五木氏の話は、まさしく自分自身の生き方を考えさせてくれるとても清々しい、心を軽くしてくれるお話でした。
[PR]
# by yongenso | 2008-12-12 15:58 | 四元重美ブログ

おもしろい話活性剤

今日あるセミナーに出席しました。私と同業の講師で「失敗しないお店創りの法則」というテーマでした。しかし、期待とはちょっとかけ離れた感のある、しかも今ひとつインパクトに欠ける内容のように感じました。

言っていることそのものは原理原則に即しており納得できる内容なのですがどうも心に響かない、即今日から実践できるエッセンスが感じられないといったところです。その原因は果たして何なのか?


話の組み立て方


にあります。同じ話でも順番や表現の工夫によってまったく異なったものになります。そこで私は伝わりやすい話のポイントをまとめてみました。

1)解説、説明に終始しない(理論はわかりにくい)
2)事例を中心に展開する。ドラマはリアリティがありわかりやすい
3)レジュメは詳しく書かない。詳しく書くと聞き手は自分で考えることをやめてしまう
4)パワーポイント(スライド)を多用しない。聴衆が画面に気を取られてしまう
5)総花にしない。欲張らずひとつのことを掘り下げる

結論から言って、

話は事例を中心にしてそれに理論づけする

のがポイントのように思います。「おもしろくない話を2時間聞くのは拷問に等しい」と聞いたことがあります。本当にその通りだと思いますね。
[PR]
# by yongenso | 2008-12-11 08:59 | 四元重美ブログ

強い想いで病気を克服しま症

先日感動的な番組を見ました。「認知症」と「老人性うつ病」を患った母親に13年もの間、一日一枚毎日ハガキを送り続けた娘さんの話です。

そもそもハガキを書くきっかけは、父親から母親の面倒を見るために郷里に帰ってきて欲しいとの申し出からです。しかし、その申し出は断らざるを得ませんでした。その理由は重度の脳性麻痺を患った自分自身の娘さんの介護があったからです。

帰ることはできない、でも母親の役に立ちたい。その純粋な気持ちが毎日ハガキを書くことへと彼女を駆り立てたのです。最初はただの通信、年月を経るに従って季節感あふれ、見る人を楽しませる絵手紙へと変化していきました。

ハガキを書き始めた頃は何の変化もなかったそうです。しかし4年5年と続けるうちに母親に変化が現れました。認知症の進行が止まり、ついには普通の暮らしができるまでに復活したのです。その年老いたお母さんがインタビューに答えていましたが、何ら違和感はありませんでした。


「たかがハガキ一枚でここまで変われるものか!」


と私は感激しましたが、さらに素晴らしいと感じたのは「よくぞ毎日書く事がよくあったなあ」ということです。その問いに対して彼女はこう答えました。

「確かに行動範囲は限られているけど、書こうと決心するといくらでもある。書くにしたがって些細なことに気付けるようになった」

と。


些細なこと、小さなことに目を向けるとそこには感動できることがいっぱい散らばっているんですね。、ただ私たちはそれに気づいていない、目を向けていないだけではないかと反省させられました。


世の中の全ての出来事はまず心の中で作られ、それが形となって現れる


と言われます。心の中の強い想いが新しい発見や発明そして奇跡を生んでいくのでしょう・・・
[PR]
# by yongenso | 2008-12-07 11:38 | 四元重美ブログ