伝わらなければそれは存在しないに等しい!

私が発行しているメルマガでも再三お伝えしていることですが、どんなに立派な技術や能力もそれが相手に伝わっていなければ意味がない!と思います。

医療機関でよく聞かれる言葉に


「腕さえ良ければ患者は来る!」


というのがあります。これはある意味真実なのですが、しかし、これ単体では用をなさないのです。つまり、腕が良いことを患者に知ってもらわなければ相手は行動を起こしようがありません。腕が良いことは

必要最低条件”であって、絶対条件ではない
のです。

そうです、やはり伝える、患者のレベルで伝えることが大事です。そこで私自身ももっと伝える力、伝わる言葉に磨きをかけようと意識しています。その目的は私が


“医業向け講演ステージパフォーマ”


を目指しているからです。劇画タッチの講演にするからこそ人に伝わりやすくなる、そう考えています。そのために演技力を磨きたいと考えていたところに、この度ふるさとキャラバンという劇団の公演があることを知りました。私はこれに行って少しでもそのエキスを掴んで帰ってこようと思っています。この公演は過去に一度見たことがあるのですが、すごく感動したことを覚えています。

d0091249_1138189.jpg


ふるさとキャラバンエコミュージカル
ホープランド
希望の大地へ!冒険の旅立ち


12月12日(土) 17:30~ 鹿児島市民文化ホール

12月14日(月) 18:30~ 薩摩川内市文化ホール

皆さんもごらんになられませんか?お問い合わせは

TEL:042-381-6721
[PR]
# by yongenso | 2009-11-28 11:47 | 医業PRのヒント

友達なんていらない!

先日、末の息子が通う大学に行ってきました。というのは大学からお宅の息子さんはほとんど授業を受けていませんよ!との連絡を受けたからです。

私の息子は元来おとなしい性格ゆえ自ら積極的に人と交わる方ではありません。今年春に入学以来なかなか馴染めなかったようです。ほかの学生たちは楽しそうに打ち解けてはしゃいでいるのに自分だけポツンと一人ぼっち…。

それがいつしかいたたまれなくなっていったのでしょう。それでついつい足が遠のいてしまったのが真実のようです。

そこで担任の教官と相談をしたわけですが、教官の一言で私も息子も救われました。それは


無理して友達なんか作る必要はない!

という言葉です。

「自分のやりたいことを大学生活の中で見つけ、それに一生懸命に取り組んでいれば少なくとも学校生活は楽しめる。そうするうちに気の合う仲間が必ず見つかりますよ!」というものでした。

息子は周囲を気にして“友達がいなければならない…”という強迫観念に陥っていたようです。友達は無理に作るものではなくて自然と生まれるものです。

最近の若い世代は他人の視線を気にして相手に合わせる、無理に友達であろうとする傾向にあるように思います。象徴的なのが特段の用事でもないのにメールを交換し、しかも3分以内にメールの返事をするというルール。完璧に目的がコミュニケーションから道具に移ってしまっています。


我が家の息子も今回のアドバイスをいただき、何か吹っ切れたようです。そのスタートが“どこかのサークルに所属する”のようです。

まずは自分自身がしっかりしたスタンスを持ち、人に迎合しないこと。人間は100人が100人友達になれることなど決してありません。気の合う仲間はどこかにいると信じてのんびり学生生活を送ってほしいと願っています。
[PR]
# by yongenso | 2009-11-26 15:12 | 四元重美ブログ

先天性M症?

昨日は鹿児島県の漁業団体の研修会に招かれ、講演に行ってきました。約80分の持ち時間でしたが、あれこれ内容をふんだんに盛り込んだせいか、消化しきれない部分もあり反省したところです。

逆にうまくいった点としては自分が思い描いていた「パフォーマンス」が低レベルではありますがいくらか実行できた点です。私の言う「パフォーマンス」とは、


人と人の掛け合いを盛り込む、演劇風にしゃべる


ということです。

なぜ、私がそのような手法を取り入れたのかといいますと、ただ一方的に説明するだけではどうしても注目をひかない!という点もありますが、もっとも大きな目的は私自身が目指す方向性を意識していたからです。私が目指す目標は


医業向け講演ステージパフォーマ


という新しいジャンルです。たぶんこれを名乗っている人は他にはいません。ですから私が声高にこれを名乗れば


「日本初!!」


ということになります。「日本で初めて!」は自分が勝手に作って勝手に名乗ればいくらでもできます。そういえば先日ブックレイアウトコンダクターなる職業があると聞きました。それは、どのようなレイアウトをすれば人は本を手に取り買ってくれるのか、どのようなレイアウトをすれば滞在時間が長くなって関連商品まで買ってくれるのか、などを企画提案する人です。


現在では、医療コンサルの分野でも情報やノウハウが多様化し、多くの企業や人が乗り込んでいます。その中で差別化を図っていくのは並大抵なことではありません。だからこそどんどん細分化を図り、その狭いターゲット、市場で自分にしかない肩書を名乗ればよいのです。

そんなわけで、私は昨日の講演をステージパフォーマとしての試金石と捉えていました。

まだまだぎこちない部分もたくさんありましたが、まずはパフォーマとしての第一歩を踏み出しました。

ところが、私自身はまずまずの評価を得られたものと思っておりましたところ、ある組合員の方から「先生の言っていることは一般論だ、我々はもうすでにたくさんのあらゆる手を打ってきた。あなたの言うようにはならないのがこの世界なのだ…」と突っ込まれました。

私はこういう突っ込みが大好きです。なぜなら厳しい突っ込み、指摘こそが私自身を成長させてくれるからです。普通だったら講師ゆえあれこれ受講生に突っ込まれるのは不愉快だ!という方もおられるかもしれません。しかし、私はこうした意見をすべて甘んじて受けようと思っています。そういう意味で私は「M=マゾヒスト」なのかもしれません。

その方とは二次会の席でも盛り上がりましたが、一つだけ私のメッセージを伝えました。

「確かに私は漁業に関しては素人です。経営に関しても、事業の進め方についても何にもわかりません。しかし、世の中の新しい発見やアイデアは、まず素人が発想して、それをプロが仕上げるという流れこそが新しいことを生み出すもとですよ」

と。プロはどうしてもプロゆえに突拍子もないことに発想が行き着かないのです。ところが、素人はそんなことお構いなしに何でも発想します。それを「素人ゆえのたわごと」と片付けず、素人のアイデアにプロである私たちが肉付けして仕上げていくことこそが大事ではないでしょうか?
[PR]
# by yongenso | 2009-11-25 14:10 | 四元重美ブログ

リーダーシップ強化剤 『こまめさ、気配り』

今日は私が所属しているある経営者団体での出来事をご紹介します。私が所属するその団体には約100名の会員がいるのですが、ここ1~2年会勢がやや停滞していました。新入会員はほとんどなく、退会者ばかりが多いのです。

今のご時勢を考えればやむを得ないのでしょうが、しかし、会員が減っていくというのは会社で言えばお客の数が減っていくに等しいわけですから由々しき事態です。

会社でも親睦団体でも仲間が減るというのは何としても避けなければならないのです。しかし、会勢を回復するといってもこれといって我々に妙策があったわけではありません。また、私自身も積極的に勧誘活動をやっていませんでした。


しかし、


退潮気味だったその会がある一人の女性の登場でガラリとムードが変わったのです。その女性は60歳代の方で古くからの会員です。しかし、ほとんど顔を見せることはありませんでした。

たまたま今年度の役員改選があり、役員の引き受け手がなく、ある意味しかたなくその女性に白羽の矢を立てたのですが、そこからがドラマの始まりです。

それからわずか2カ月余り、アッという間に会のムードが盛り上がり新入会員が増えてきました。また、週一回の定例会の出席者が12~3名だったものが最近では20名を超えることもしばしば。しかも、若い会員さん、女性の会員さんが増えたことにより明るく華やかなムードが漂ってきました。

こうなってくると他の会員さんも刺激を受けて会員勧誘活動に精を出し始めたのです。ついこの間までは腰が重かった人たちまでが・・・。人間なにかキッカケがあればこうも変わるんですね。

この女性は、自ら進んで知り合いにどんどん声を掛け、また、会の終了後には必ず食事会をセットし、とにかくこまめに声をかけるのです。「来週もおいで下さいね」と念押しをする熱の入れようです。


人を動かすにはこの


こまめさ、気配り


が欠かせません。人は目標に対していきなり大きなことにチャレンジしようとしますが、決してそうではなくてこの女性のような

地道な声掛け、平凡なことの積み重ねこそが大事


なのです。この女性は、いわゆる


「あげまん」


ある大手企業の社長夫人として鳴らした方で人の心の機微に通じた方です。その大手企業もこの奥さんがあってはじめて成長、成功したのではないか、奥さんの内助の功があったればこそだったと後で聞かされました。

いずれにしても組織というのはたった一人のリーダーでいかようにも変わる、ということをつくづく思い知らされています。
[PR]
# by yongenso | 2009-11-11 11:11 | 四元重美ブログ

老害と言われる前に身を引くが賢明

楽天の野村監督の退任問題を巡って球団が揺れている。と言っても球団の外でのことであり、球団そのものの方針は当初から一切変わっていない。

野村さんのコメントもおかしい。今期2位になったからと言って契約延長がないことにいちゃもんをつけたり、マスコミの前で不満をぶちまけるのはそもそも筋違いだ。なぜなら昨年の契約更改で1年という約束だったではないか…。

また、ノムさんは「自分が辞めたら来年は最下位だ」などという発言をしているが、これはプロとしてあるまじき発言だ。曲がりなりにもお世話になった球団に失礼だし、「俺がいたから2位になった」と言ってるようなもので、選手をバカにしている。


野球の主役は監督ではなく、あくまでも選手


ノムさんはこれまで南海、ヤクルト、阪神と球団を渡り歩き、それなりの成績を修め名監督と呼ばれる人である。表現はいささかきついかもしれないが、決して老害で晩節を汚してはならない。潔く若い者に譲って大所高所からアドバイスする立場になればよい。

もちろん、健康面に自信があるからあのような発言が出たのであろうが、球団の

長期的視点で強いチームを作る

という方針もある。ノムさんは74歳。チームの編成方針はあくまでもチームにある。監督にあるのではない。監督がそこまで口出しするのは越権行為だ。

確かに選手育成の面でも、またファン動員のうえでもノムさんの功績は大きい。しかし、それと契約は別問題。ノムさんの功績には報酬や、表彰などの手段で報いればよいのだ。決してこの問題を混同してはならないのである。
[PR]
# by yongenso | 2009-10-14 11:19 | 四元重美ブログ

イチローは天才ではない!

アメリカ大リーグのイチロー選手が9年連続200本安打というとてつもない記録を打ち立てました。私は、彼は小さいころから父親に手を引かれ、毎日バッティングセンターに行き野球漬けの毎日を送り、日本でそしてアメリカであれほどの大記録を打ち立てるのだからそれは

“才能”

以外の何物でもないと思っていました。マスコミやそしてまた野球ファンの誰しもが彼のことを「天才イチロー」と称しています。しかし、彼は天才でも何でもないと思えるようになりました。

それは彼がプロに入った瞬間から全くスタイルを変えない人間だからです。彼は非常にわがまま、人におもねていない、人に合わせない、人の言うことを聞かないといった孤高の存在のようです。インタビューでも独特の受け答えがそれを物語っています。

彼はプロ入り以来ずっと守ってきたトレーニング、生活パターンをかたくなに守っています。朝何時に起きて、食事は何時にして、何を食べてといった生活のパターンから球場でのストレッチ、ランニング、守備練習、バッティング練習など寸分たがわず同じメニューをこなしています。

これを毎日毎日欠かすことなくずっとやり続けている。この地道な積み重ねこそがこんにちの彼を作っているのだと思います。彼は天才ではありません。どうしても彼を天才と称するなら


「地道なことをやり続けることの天才」

がふさわしいかもしれません。いまどき努力という言葉が死語になりつつあります。今の若者や子供たちに「努力しなさい」といったところで「古い」だの「かっこ悪い」だのにべもありません。しかし、イチローの生き方、行き方を見ていて今一度、「努力」の大切さを啓蒙したいものです。

私の身近にも隠れた努力を継続している人がいます。スナックのママさんなのですが、御年70歳を超えて現役。もう40年ものキャリアを持つ方なのですが、毎日の努力といったらただただ頭が下がるばかりです。毎日の睡眠時間が3~4時間。そして毎日毎日小さなボランティアに精を出しているのです。ご本人いわく「私にできることはこれぐらいしかないの…」とこともなげに言いながらせっせと働いています。まさしく路傍の花と呼ぶべき存在です。

また、この女性の素晴らしいところは若さを保つために並々ならぬ努力をしていることです。毎日1時間以上かけてストレッチ、鏡の前での笑顔トレーニング、顔の筋力マッサージなどメニューがいっぱいです。そのせいでしょう。常に背筋がピシっとして姿勢がまことに美しい、そしてまた顔に張りがあって一回りは若く見えるのです。こうしたことは努力です。毎日毎日少しの努力です。千里の道も一歩からです。

また、驚くべきことがもう一つあります。このママさんは経済的には何の不足もない社長夫人の立場でもあるのです。(今では息子さんが社長になり会長夫人となりましたが…)

いつでも時間が自由になり、ボランティアなどせずとも税金という形でじゅうぶん社会に貢献している。にもかかわらず、恵まれない人に手を差し伸べ、プルタブを収集して車いすを贈るなどの活動をされています。決してスポットライトを浴びる場所ではなく、町の小さな片隅でひっそりと人の役に立つ。こうした


“陰徳”


を私自身も積みたいものです。
[PR]
# by yongenso | 2009-09-15 08:42 | 四元重美ブログ

相手に結論は委ねる

お盆は実家に帰省していました。年老いた母一人暮らし、心配の種は尽きませんが、その母親から親しくしていた人と今気まずい関係になっていると聞かされました。

その人は鹿児島から遠く離れた所に1年ほど前、引っ越していったのですが、久しぶりに鹿児島に帰ってくるとのことで我が家に泊めてほしいとのことだったようです。

これに対して母が「我が家には最近ムカデが出没するので勘弁して・・・」とやんわり断ったようです。それがどうも仲たがいの発端のようです。

私はこの話を聞いた時にある出来事を思い出しました。かれこれ10年ほど前、ある方の紹介で開業前のドクターに会ったのですが、そのドクターから開業にかかるデザイン全般の依頼を受けました。ところがそれがコンペ形式だということを面談の最後で知りました。

しかも、そのコンペには3社ほどが参加することになっており、何らの保証もないとのこと・・・。そこで私は「当社ではそういう形のビジネスは行っておりません」とお断りしました。

しかし、これが後々当社の評価にとって大きなマイナスとなってしまうのです。それは、「あの会社は高飛車だ!けしからん」という声が何年も経ってから入ってきたのです。そして私を紹介してくれた人とも疎遠になってしまいました。結局今でも尾を引いているのです。この出来事と母の今回の件は何が問題なのでしょうか・・・それは


結論は相手に出させる


べきだったということに他なりません。


「うちの家はムカデが出るかもしれない、それでもよかったら泊めてあげるけどどうする?」


と聞けばよかったのです。相手に判断してもらえばよかったのです。それならば相手の責任なのですから恨まれることもありません。

しかし、たいていはこのような対応をしていません。ついその場でスパッと結論、自分の意思を伝えてしまいがちです。人間にとって


『断られる=傷つけられる』


といった捉え方になるのでしょう。相手に断らせる…、この配慮こそ相手の立場に立った考え方、処し方だと思いますがみなさんはどのようにお考えになるでしょうか?
[PR]
# by yongenso | 2009-08-16 18:00 | 四元重美ブログ

いい顔に幸運が訪れるで症

世にも珍しいことが起きました。私が所属する会での出来事です。

暑気払いでビンゴゲームがあったのですが何と私が「Bingo!」の一番乗り。私はわりとこういうのは弱いと思っていたのですが80人近くの中でトップとは初めての経験でした。

またそれだけではありません。写真を見てください。何と横一列以外に一枚も開いていません。まさにストレートです。周囲からこれは珍しいと絶賛されました。
d0091249_8463451.jpg


今まで一番乗りの経験がない私にもようやく運が向いて来たのかな!と涙にむせぶ??ことでした。

しかし大事なことはもっと他のところにあります。それは何かいいことがあった時だけ喜ぶのではなく常に平時の些細なことに喜べる感性です。


人間、何かいいことがあった時に喜ぶ、いい顔になる

ではなく

いつもいい顔でいるからいいことが起こる


こちらがきっと真実なのだと思います。常に笑顔、いい顔、いい心構えで過ごしたいものです。
[PR]
# by yongenso | 2009-08-06 08:48 | 四元重美ブログ

啓蒙が人々の信頼を得るで症

今日は広告のヒントをお届けします。

「地球温暖化」「資源エネルギー問題」を起点として今、環境,エコがひとつのキーワードになっています。今どこもかしこも「エコ」の大合唱ですが、それだけみんながようやく自分のことだと思い始めた証拠です。

人間は、よほど自分に影響が及んでこない限り、いろんな問題に関心を持たないという習癖があります。目の前に迫り、自分自身の生活が脅かされる段階になってはじめて具体的な行動をとります。


これが、人間の性だと言ってしまえば身も蓋もないのですが、しかし、これからは将来を予測して早めに手を打つぐらいの完成は持ち合わせていたいものです。なぜなら、これからもっともっと変化を世の中自体が遂げていくでしょうから・・・

さて、その広告、広告主は電力会社です。


水力?火力?原子力?風力?…

いや、その前に『努力』。



見事なキャッチコピーです。電力会社は今資源の枯渇とともに原子力に頼らざるを得ない、しかし、依然として原子力に対してアレルギーがあるのも事実です。そこで風力発電をはじめとした自然エネルギーの開発に取り組んでいるのですが、それも技術的なことも含めて主流にはなっていない現状があります。


これからますます需要が高まる電力量に対して何らかの啓蒙をしたい


というのがこの広告の意図でしょう。あっぱれと言うべきコピーです。

d0091249_164256100.jpg


社会的責任の大きい企業であればあるほど、こうした啓蒙やイメージ広告が必要になってきます。ですが、小企業においては、こうしたイメージ広告にコストをかけるのは難しいでしょう。しかし、現在はネットというまことに便利なツールが登場しました。このネットを使ってマスメディアとおなじぐらいの効果を生み出すことは可能です。

あきらめず、おおいにチャレンジしたいものです。
[PR]
# by yongenso | 2009-07-11 16:44 | 医業PRのヒント

現代の処方せん『トリプルアクセル思考』

トリプルアクセルとは言わずと知れたアイススケートの3回転半ジャンプ。私はこの3回転半のひねりを日々の仕事や生活に活かせないか?といつも考えています。

私自身の仕事は、今あるものに何らかの付加価値をつけてより一層魅力あるもに仕立てる、あるいはお客様にわかるように伝えることが使命です。だからこそ、そのひねりが重要なのです。

でも、このひねりは1回だけではあまり価値を持ちません。2回転,3回転でもまだ足りない、あと半分ひねる。

これでもかこれでもか!と考え続けるところに進歩がある

と思います。

しかし、言うは易く行うは難しです。何しろ私自身の頭の構造に問題があるのかキャパが少ないのか、『考える』という行為はとても疲れます。ルーティンワークであまり頭を使わず身体を動かしていた方がよほど楽です。しかし、

知的怠惰は後退を意味します

さて、先日3回転半のひねりを実感させることに出会いました。あるクリニックを訪ねたのですが、入り口の透明のドアにスタッフ紹介のポスターが貼ってあるのです。それがこの写真です。

表から見たら何の変哲もない写真ですが、帰りがけに見てみるとごらんの通り変身します。ひとり一人の顔写真の裏にコメントが書かれているのです。内容は、仕事上におけるモットーから薬のこと、食事のことなど患者さんに気をつけて欲しい病気の予防のことなど様々です。

d0091249_1083644.jpgd0091249_10113417.jpg

患者さんは帰りがけに必ずここを通りますから自然とそこに目が行くんですね。そうやってまた一つ話題が増える、患者さんとスタッフの距離がグンと近くなる。といったことが考えられます。私はこうしたことに熱心に取り組んでいる院長の姿勢に共感を覚えます。

小さなクリニックですからまずデカイことなどできません。しかし、このホンの些細なことが重要なんです。小さなことでいいからずっと続ける。これがやがては大きな実りへとつながります。今後はきっと季節ごとに予防に関するメッセージなどバージョンアップされていくことでしょう。

常にどうやってお客様を喜ばせるか、役に立つことは何かを考え続けるところに進歩が生まれます。モノからココロへと進化し続ける現代社会にあってたくましく生き続ける処方せんはこの『トリプルアクセル思考』にあると考えます。
[PR]
# by yongenso | 2009-05-29 09:50 | 医業PRのヒント