いのちの理由

東日本大震災、未曽有の被害は拡大の一途をたどり、いったいどこまで拡がるのか、そして日本は立ち直れるのか、そんな不安さえ感じさせる出来事です。

いや、日本はあの太平洋戦争の惨禍の後、奇跡的に復活し現在の繁栄を築きました。良い意味で捉えれば日本国民全体に突きつけられた試練のように思います。

今回の地震で命を落とした方はわかっているだけで1万人近く、その中には1歳の子供から90歳代のお年寄りまで様々です。わずか1歳で亡くなって行った子供たちの生まれてきた訳、命の訳とは何でしょう。


何らかの役割をもってこの世に生を受けたはず。そう考えたときにふと先日の義兄の葬儀を思い出しました。私の義兄(長兄)は83歳でした。まあ、普通に考えれば大往生とは言わずともそれなりの人生だったなと誰もが思ったはずです。

私自身も義兄は幸せだったんじゃないかとさえ、その時点では思っていました。ところが、斎場から流れてきた曲に私は魂を揺さぶられたのです。その曲とは

さだまさしの

「いのちの理由」
――――――――――――――――――――――

私が生まれてきた訳は父と母に出会うため

私が生まれてきた訳は兄弟(姉妹)たちに出会うため

私が生まれてきた訳は友達みんなに出会うため

私が生まれてきた訳は愛しいあなたに出会うため

春来れば 花自ずから咲くように

秋来れば 葉は自ずから散るように

しあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ

悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように

――――――――――――――――――――――
私はそれまで涙をこらえていたのですが、この曲が流れた途端もう涙が止まりませんでした。
果たして兄が生まれてきた理由は何だったのか、この世に何をしに生まれてきたのか…
その思いが私の心の中を駆け巡ったのです。

ひるがえって、今回、大地震で命を落とした方々の生まれてきた理由。これをどこに見い出せばいいのか、正直わかりません。


あえて見つけるなら、これまでの私たち日本人の生き方を見直し、本当に人間らしく、誰かのために尽くせる人間になって欲しいという願いを自らの命と引き換えに私たちに教えてくれる役割、それぐらいしか思い当たりません。

日本人がこれまで営々と築いてきた

隣人を思いやる心、自らの命を捨ててまで人を救う心、すなわち

「武士道精神」

です。私は日本人が世界に誇るべきこの精神を今一度呼び起こすべく行動していきたいと思います。

今、生かされているこの命に 感謝合掌
[PR]
# by yongenso | 2011-03-23 17:20 | 四元重美ブログ

広報活動強固剤の投薬

先般、福岡の医療会計人団体主催の研修会に招かれ講演をさせていただきました。

d0091249_16394658.jpg

テーマは

「医療機関のブランド&口コミ力向上大作戦」

およそ30名の方がご出席下さり、また熱心に耳を傾けていただき感謝いたします。これから広報のスキルがますます重要になる時代がやってきます。それは、

d0091249_1640789.jpg

情報過多と信頼感の欠如

という現代ならではの事情があるからです。テレビや新聞、雑誌など限られていた情報源が今ではフリーペーパー、ホームページ、それにブログ、ツイッター、フェイスブックなどそのメディアの増加・進化たるやすさまじい勢いです。そのために情報の信頼感が著しく低下しているのです。


大量の情報が短時間に飛び込んでくると、取捨選択だけでも大変。 何をどう選べばいいのか、何が重要で何が重要でないのか、その判断基準が見えにくくなっています。だからこそ、自らのありのままの姿を等身大で開示する。これが大事です。その世間に公開することそのものが広報です。

広報とは、

Public Relations(公衆の理解と共感)

つまり地域住民をはじめ、自社に関わる人々の理解と共感を得ることです。もちろん、広告メッセージも大事であることは言うまでもありません。しかし、15秒、30秒という時間ではなかなか伝えきれない…。だからこそ広告と広報のコラボレーションが大事になってきます。


今回研修をさせていただいた後、参加者の皆さんのアンケートを拝見し、厳しい意見も頂戴しました。その中で特に私自身が感じたことが、もっともっと事例を重ねる。より多くの成功事例、実績を積み重ねることではないかということです。そうすることできっと私の話にさらに厚みが増すことと思います。

百聞は一見にしかず、百見は一動にしかず

常に一歩前進、常に昨日までの自分と今日の自分を比較し、実践を積み重ねていきたいと思います。
[PR]
# by yongenso | 2011-03-16 10:17 | 医業PRのヒント

平凡×平凡×平凡=非凡

今日は私の所属する経営者の会で、昨年暮れの全国高校駅伝で初優勝した鹿児島実業高校陸上部、上岡貞則監督の講演を聞く機会がありました。今注目の人物だけに約200人の聴衆が集まりました。

訥々とした語り口ながらその一言一言が心に染み入る、実に深い話でした。ひとつの物事を成し遂げた人・実践者ならではの多くの示唆があり涙なしでは聞けない話でした。

d0091249_14512588.jpg



今度の優勝は史上初の快挙といってもいいような価値ある優勝です。過去多くの優勝チームがアフリカからの留学生や他県の有望選手を集めて勝った優勝、つまり借り物だったのです。しかし、今度は純粋に鹿児島出身者だけのチームです。それだけに価値あるものだと言えます。


今日の講話から人を育てることの基本を学んだように思います。高校生を育てるということと、社員を育てることとは同義語です。年齢が異なるだけで同じ人間なのだということを実感させられました。

私たちは、大きなことを成し遂げたその裏にはどうやって記録を伸ばしたのか、どんな鍛錬、どんな指導をやったのかといった物理的なことを考えがちです。しかし、上岡監督が優勝を成し遂げた秘訣として挙げられたのは


「特別なことは何もしていない、ただ基本に忠実だっただけですよ」

という、いささか拍子抜けするような切り出し方でした。しかし、その基本が何より大事だということを後々私たちは知らされるのです。上岡監督がそして何よりも強調されたのが


「心のあり方」

ということでした。つまり、選手の日常生活のあり方に伸びるか伸びないかの分岐点があるというのです。

「呼ばれたら返事をする」
「大きな声であいさつする」
「あいさつする際は立ち止まる」
「履物を揃える」

こうした、日常生活のごくありふれた当たり前の行いで伸びるかどうかが分かるというのです。

よく“チームワークの勝利”という事が言われます。しかし、そのチームワークとは何か?やはり


「心が揃う」

ということに他ならないと思います。心が揃っているかどうかは寮生活、合宿生活を送っている選手たちの日々の行いに現れます。1年365日、1日の休みもなく朝5時起床して練習をするのだそうですが、それが寸分の狂いもなくビシッと揃う。これこそが強いチームのチームワークではないでしょうか。

また、上岡監督は心を育てるに加え「食を育てる」ことの大切さも説かれました。好き嫌いをする選手は記録が伸びない、好き嫌いは人間関係そのものです。

駅伝は人なり、経営も人なり、国家も人なり。

あくまでも基本(平凡なこと)を忠実にコツコツ積み上げること以外に非凡の道はないのです。
[PR]
# by yongenso | 2011-03-04 14:52 | 四元重美ブログ

危機を逆手に取る!

今、鹿児島は3月12日の九州新幹線全線開業に向け大きな盛り上がりを見せております。しかし、そこに冷水を浴びせそうなのが「霧島連山・新燃岳」と「桜島」の噴火。

実際、霧島温泉では今回の噴火の影響で何と20,000人のキャンセルが出てしまいました。しかし、鹿児島市、桜島近郊においてはそのような影響は出ておりません。霧島も桜島も噴火警戒レベルは同じ「3」であるにもかかわらずです。


霧島の観光協会の方が言っていました。「霧島の温泉郷は、新燃岳より相当距離が離れており噴火の影響はほとんどない」と。それにもかかわらずキャンセルが後を絶たない。何故なんでしょう?私はこれを


『人間は情報の一側面で判断しがちな生き物である』

と関連しているように感じます。人間はある情報がもたらされるとそれは一部分に過ぎないのに、あたかもそれが全部であるかのように錯覚してしまうクセがあります。そんな事例は過去数多くありました。


古くなりますが、石油ショック時のトイレットペーパー騒動。これは若い方はほとんどご存知ないと思いますが、石油不足に端を発し街のお店からトイレットペーパーがこつ然と姿を消したのです。それはトイレットペーパーが無くなるのではないかという噂からみんなが買い占めに走ったのです。

でも、実態はメーカーの価格吊り上げのための策略だったのです。当時、石油製品で品不足になったものはほとんどありませんでした。それがトイレットペーパーだけが無くなるなんて後からよくよく考えてみるとおかしいことなんですね。

トイレットペーパーにしろ、宿泊のキャンセルにしろ、これにはマスメディアが大きく影響しています。

連日噴火、爆発の様子が流され、灰まみれで掃除に明け暮れる住民の姿、売り物にならなくなってしまった農作物、土石流が押し寄せてくる危険性を語る学者、そうしたニュースを毎日毎日見ていると、霧島全体が危ないのではないかと錯覚してしまうのです。これこそ片面しか見えないという人間のクセが端緒に現れています。

温泉協会の方がいみじくもメディアに対して語っていました。


「安全である霧島の姿も公平に報道してくれ」


と。しかし、これは土台無理な相談です。メディアとは


特殊性をクローズアップするのが仕事

ですから、被害の現状や悲惨さを中心に伝えるのが使命といってもいいでしょう。とすればどうするか?


被害のない安全な街をあえて演出する

以外にないのです。「霧島の元気な面」をマスコミがこぞって取り上げたくなるような面白い、ユニーク、インパクトのある話題を提供するのです。例えば、


・霧島、桜島ともに噴火警戒レベルは同じ3である。そこで同じ3同士で連合艦隊ならぬ連合観隊(観光誘致隊)を結成し首都圏などにPRする。その際の隊長、総司令官は少年ヒーローもののキャラクターにする

・平城遷都1300年祭の向こうを張って「平常泉都(or平常銭湯)1300メートル」を宣言。霧島山の高さを1300メートルに設定し、平常通り営業していますのメッセージを込める

など、マスコミが面白がって取り上げてくれるような話題を提供することです。そうする以外にマスコミがニュースに取り上げてくれることはありません。いくら声高に
別の側面を取り上げてくれと言っても無理なのです。


我われが出来ることは

「一面だけでなく二面性、多面性を見る」

と同時に


危機を逆手にとった発想

以外にありません。
[PR]
# by yongenso | 2011-02-17 21:20 | 四元重美ブログ

相手にアピールするための点滴を!

先日、私が所属する経営者団体主催の「広報,情報化交流会」が山口市の湯田温泉で開かれ行って来ました。全国18の都府県からおよそ100名の参加がありました。

私自身、会の広報委員長をやっている関係で2年続けての参加なのですが、今年も多くの刺激をもらって帰って来ました。しかも広報を担当されている方々ばかりの会だけに、広報誌のアイデアを一杯いただき、早速鹿児島でも実践しようと思います。

さて、夜の懇親会のメインイベントは各県対抗のお国自慢、PR合戦です。さすがに広報担当なだけあって口達者な方が多いです。

実は、私はこういうこともあろうかと思ってある仕込みをして臨みました。今回の開催地が長州山口です。ならば、今話題の龍馬伝にちなみ、

“薩長連合”

で行こうと鹿児島弁のタスキを作ってアピールしたのです。また、来年全線開業する九州新幹線の応援隊結成を誓い、それを契機に会員数を400名にすることも誓いました。

これが審査員の皆さんへの印象がとても良かったらしく、見事


優 勝(*^◇^)/゚・:*【バンザ~イ】*:・゚\(^◇^*)

周囲の皆さんは企画の勝利だなと言ってくれましたが、私はこれを準備の勝利だと思っています。いかに事前の仕込みが大事かに気づきました。まさにアピールのための点滴がこの仕込みです。実はこれって広報そのものです。


事前にターゲットを想定し、アピールすべきポイントを絞って分かりやすく伝える

今回の評価を機に、改めて広報の基本を学んだような気がします。これからもっともっと精進し、広報の奥義を極めたいと誓うことでした。
[PR]
# by yongenso | 2010-10-30 16:30 | 医業PRのヒント

マスメディア活用処方箋

先日、私が所属している経営者団体主催で、マスコミ関係者(報道局長、編集局長クラス)との懇談会が開かれました。マスコミとどう良好な関係を構築していくか?についてはいずこの企業・団体も腐心しているようです。

ひとたび、マスコミ報道されるとその影響力は大きいだけに、これは至極当然のことなのです。しかし、それが本末転倒になってはいけないことも大事なことです。

あるマスコミ人との会話の中で、


『マスコミ受けすることばかり狙って、自らの目的、本分を忘れては何にもなりませんよ…』


という一言が私の中で特に印象に残っています。時として、「どうやったらマスコミに載るか?」ばっかりに気持ちがいって、本来の目的が忘れ去られてしまっているケースもあるようです。

医療機関はこれまでマスコミとの接触機会が少なかっただけに、どれほどマスコミ掲載の威力があるのか実感が湧かない方もいらっしゃることと思います。しかし、マスコミに掲載されれば

・知名度が上がると同時にイメージアップにもつながる
・スタッフの士気向上につながる
・他の媒体へ波及し、その効果が長続きする


といった効果が見込まれます。それだけに、一般企業の経営者たちは「マスコミに掲載」されることに血眼になる人もいるのです。しかし、このマスコミ人の一言は滲みました。


本当に私たちが世の中、お客様のために役立つことを追求し続けていけば、マスコミはもちろん周りが放っておかない!そんなことを教えられたのです。

話は変わりますが、私は、情報化が進展し、人間関係も複雑化していく今の世の中で生き抜くためのキーワードとして、


“面白い”


を挙げています。言い方を変えれば

“ユーモア”

です。情報伝達そのものが速く複雑になり社会からゆとりが奪われているように思います。その反動からか、うつ病患者の増加、子育てストレスが嵩じての育児放棄、虐待、あるいは家庭内での暴力事件など社会を取り巻く環境がどことなくぎすぎすしています。

そんなところから私はこれからのビジネスにおいて『面白い』がキーワードになって来るように思います。

「医療のようなシビアな世界に“面白い”など適さない」

という反論ももちろんあろうかと思います。確かにその通りです。ですから患者さんに相対するシビアな場面ではシリアスであっていいのですが、何か社内で取り組む時、新たなチャレンジをするとき、新しい発想を要する時などはしかめっ面でウンウン唸ってみたところで出てくるわけがありません。

こういう時こそリラックスした状態で面白いを追求していけば新しい世界が開けてくると思います。

そういう新しい取り組みには、社会はもちろんマスコミだって放ってはおかないはずです。
[PR]
# by yongenso | 2010-09-15 07:51 | 四元重美ブログ

人の真価は深化によって計る

ここ二日間、お盆で息子二人を伴い実家に帰省していました。やることと言えばお墓参りぐらいなものですが、やはり日本人として先祖を偲び感謝する日としてしっかりこの務めは果たしていきたいと思うのです。これも年齢を重ねたことと関係しているのでしょうか?

昨晩は東京から帰鹿していた同級生より連絡があり、急遽地元に残っているメンバーを含めて4人で酒を酌み交わしました。その友人とは15年ぶりの再会です。と言っても15年前は私の父の葬儀の席で会っただけですから、本格的に話し込んだのは高校卒業時以来です。お陰で話も盛り上がり、12時前まで飲んでいました。

自分自身を含めてそうですが、小学校、中学校時代の相手の「人間性」というものはほとんどわかりません。ただウマが合う、合わないとか、勉強ができたできなかったぐらいのことしか印象がなくて、どのような考え方をしていたかなどはほとんどわかりません。

それが、久し振りに会って酒を酌み交わし話をするにつれ、初めてその人間性を垣間見ることができ、「え~こんな性格の人だったのか」「意外といい奴だなあ~」などと改めてその人間性に触れられました。

私の印象は他の3人からすると

「子供の頃は大人しくて無口だったのに、こんなにしゃべるとは意外だ…」

というものでした。私自身は何ら変わってはいないと思うのですが、他人から見るとそう思えるのでしょう。やはり人間の本当の中身、人間性は時を経て、付き合いを深めてこそわかるものなのでしょう。実は、私はそれを痛切に感じたことがあります。

私の実家の近くに住んでいた父の友人がよく私の家を訪ねてきてくれていました。父とは1歳ちがいで幼なじみで兄弟のように付き合っていました。時々けんかをしては疎遠になったり、またくっついたりと。

後でわかったことですがその叔父さんは病気が原因で言葉がちょっと不自由でした。時々聞き取れないこともあり、しかも声がやたらと大きかったので子供ながらにちょっと知恵遅れなのかな?などと思っていたのです。

ところが、こちらが大人になり子供を持つ身になってその叔父さんの話を聞いているうちに、何と洞察力が深く、物事の本質を見る頭のいい叔父さんなんだということに気づかされるのです。それをわかったのが私が40歳になる手前ぐらいだったと思います。

その間、私はその叔父さんに失礼な言動、態度を結構取っていたように思います。それにも関わらず、何一ついやな顔をせず応対してくれていたその人間力の深さに恥ずかしい思いとともに、今では申し訳なかったという気持ちでいっぱいです。

その叔父さんも16年前に他界し、その一年後に私の父も後を追うようにあの世に旅立ちました。亡くなった年齢も同じ68歳です。今頃は向こうの世界でまた楽しく二人で語り合い、時々けんかもしながら酒を酌み交わしていることでしょう。


人間の本当の魅力、真価は深化した関係にならないとわからない


ものです。それを今回の幼なじみとの再会を通じて思うことでした。
[PR]
# by yongenso | 2010-08-15 18:41 | 四元重美ブログ

お金いらないいらない病?

先日NPO法人を支援するNPO法人に行ってまいりました。私が理事長を務める「かごしま医療協働ネットワーク」の活動を今後どのように活性化させるかというご相談です。

ここの担当者に実に丁寧に、アドバイスをいただき一遍にこの方のファンになりましたが、持つべきは確かな相談者だと強く感じることでした。

さて、この鹿児島にも約600件を超えるNPO法人があるそうですが、その中でも活発に動いている団体は1~2割ぐらいだそうです。

まず、多くの団体が抱える悩みが

「資金」と

「活動メンバー」

NPO法人には、『慈善型』『事業型』がありますが、慈善型は特にその運営資金に窮することが多いようです。もともと日本には「ガツガツ儲けるのははしたない」といった価値観が根強くあり、特に福祉関連に至っては「福祉を食い物にするのか!」などと言われる始末です。

「じゃあ、あなたはお金はいらないのか…」

と質問するとお金はいると言われます。どこか矛盾しています。お金というものに対して汚い、ダーティーとかいう印象を持っておられるのです。ボランティアだけに頼るのも限界があります。

お金にきれいも汚いもありません。(確かにお金を使う人で汚い人ときれいな人はいますが…)

お金は人間が生きていくうえで、組織が活動する上で重要な潤滑油、資源です。

そんなわけで私共のNPOも世の中を良くしていく、社会の役に立つ、そんな事業を通して社会に貢献していきたいと考えています。

今、「ソーシャルビジネス」という言葉がひんぱんに聞かれるようになりました?これは、環境や貧困問題、あるいは少子高齢化、人口の都市部への集中、高齢者・障害者の介護・福祉、青少年教育、まちづくりなどこれまで行政が主に担っていた課題を民間の力を活用するなどビジネスの観点から解決しようとする活動のことです。

これまで、地域や社会における課題は、行政によって対応が図られてきましたが、社会的課題が増加し、質的にも多様化・困難化していることを踏まえると、それら課題の全てを行政が解決することは、難しい状況にあります。

それを今後NPOに担わせようという動きが国レベルでは始まっています。私たちのNPOもソーシャルビジネスの分野でできることはないか、今一度原点に立ち返って力強く活動をすすめてまいりたいと思います。
[PR]
# by yongenso | 2010-07-05 18:44 | 四元重美ブログ

ブランド力育毛剤

ブランドってこの頃よく聞きます。何とはなしに「こんな感じかな?」と思っていても、「簡潔明瞭に子供でもわかるように説明してごらん!」と言われたらもうアウト。難しい表現では

「競合他社と区別させることを意図して設計された『商標、銘柄』」

あるいは

「企業と生活者の共通認知であり、売り手である企業の理念にもとづく商品化と買い手である生活者の文化によって形成されるもの」

などという表現がありましたがわかりにくいですね。私が一番しっくりきたのは


「顧客それぞれの頭の中に浮かぶその企業、商品の「らしさ」であり、顧客・従業員・株主などに誇りや夢を与え、企業にも継続的な収益をもたらしてくれる価格を超えた“価値そのもの”」


という表現です。先日、そのブランドについて考えさせられる出来事に遭遇しました。

私は現在、様々な表現物に漫画を使いわかりやすく伝えるようにしましょうという活動をしています。その関係である団体に接触を試みました。その業界が抱える課題や伝えたいことなどを漫画を使ってわかりやすく広報することはその団体にとっても、また市民にとっても有益なことだと思ったからです。そこで会の重鎮から現役の役員さんを紹介していただきました。


そして、アポイントのための電話を入れました。ところが、その方の対応がとても事務的なのです。忙しかったせいもあるでしょう。「提案事項があれば事務局に持って行って下さい」のひとことで終わってしまいました。紹介状をもらったうえで電話しているにもかかわらず直接の面会が叶いませんでした。


仕方がありませんので、事務局に提案書をお出ししようと思いますが、果たして第三者を介しての提案書がどれほどの効果があるのか疑問です。

この時にハタと思ったのです。このようなこちらからお願いに行くようなスタイルの活動では限界がある…。そこでやるべきは、


顧客の側から問い合わせが来るようなスタイルにする


ということ。そこでブランドの出番です。飛び込み営業や紹介営業という手段もひとつの方法ですが、相手から私たちの存在を知って問い合わせしていただくとフィフティフィフティの関係になれる。その関係づくりこそがブランドそのものです。


では、そのブランドづくりはどのように展開を図っていけば可能になるのか?


人々の話題に上るような活動を行っていく


ことに他なりません。マスメディアに取り上げられたり、ネットなどを通じた口コミを形成していくことによってブランド力が向上していく。しかし、このブランド力、単にマスコミに取り上げられたぐらいでとどまっていてはいけません。よくテレビや新聞で取り上げられて一時的に顧客が殺到したけれど何年か経って見たら閑古鳥が鳴いていた。そんなことはしょっちゅうあります。


何よりも大切なことは、その企業、団体の基本理念、考え方などが理にかなっているか、長期ビジョンに基づいているかということがが重要です。

社会にとって、日本にとって、地球にとって有益であるか、このコンセプトを厳しく追求し、ブランド力を向上させていきたい。


もし、私たちにブランド力があれば、かの団体の役員さんも「どこかで聞いたことがある名前だな」とか思っていただけ、違う展開になったかもしれません。
[PR]
# by yongenso | 2010-05-11 11:09 | 医業PRのヒント

チェックリストによる組織力凝固剤

先日、医療機関向けの広報塾参加のため熊本に行ってきました。医療機関の職員向けのセミナーで私自身、ある程度知識を持っている分野でしたので、復習のつもりで参加したのですが、しかし、参加してみるとそれなりの新しい気づきを発見できるものです。

中でも、さまざまな課題解決に

チェックリスト

が有効だということを再認識させられました。グループワークで「どのようにすれば伝わりやすくなるか?」というテーマに取り組んだのですが、それぞれ出てきたアイデアを積み上げ、さらにシャッフルして出来上がったものを質問形式のチェックリストにしました。

こうすることでいつでも、誰でも、どこでも使えるようになります。私たちは、常々すべてのことに気を配り、頭を四方八方に働かせて生きているわけではありません。そんなことしたら頭はパンクしてしまいます。


必要な時に必要なことを考える


そうした思考回路になっているはずです。しかし、イザ何か事が起こったときいちいち考えるのはとても面倒くさい。しかも解決策が出るまでに時間がかかる。それをたやすく答えを出してくれるのが『チェックリスト』です。

チェックリストがなぜいいのか?

●質問形式になっていることで頭を働かせるキッカケになる
●質問項目をその都度追加していくことで精度が高まる


といったことが挙げられます。ただ漠然と「どうすればいいのか?」と考えるのではなく、チェックリストに沿って具体的に考える。このことがより新しい発想を生む秘訣だと考えます。

セミナーの後は、主催者らと懇親会。おいしいお魚料理と焼酎を飲ませていただき、至福のひと時でした。
d0091249_10443731.jpg

[PR]
# by yongenso | 2010-04-26 10:41 | 医業PRのヒント