<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

マスメディア活用処方箋

先日、私が所属している経営者団体主催で、マスコミ関係者(報道局長、編集局長クラス)との懇談会が開かれました。マスコミとどう良好な関係を構築していくか?についてはいずこの企業・団体も腐心しているようです。

ひとたび、マスコミ報道されるとその影響力は大きいだけに、これは至極当然のことなのです。しかし、それが本末転倒になってはいけないことも大事なことです。

あるマスコミ人との会話の中で、


『マスコミ受けすることばかり狙って、自らの目的、本分を忘れては何にもなりませんよ…』


という一言が私の中で特に印象に残っています。時として、「どうやったらマスコミに載るか?」ばっかりに気持ちがいって、本来の目的が忘れ去られてしまっているケースもあるようです。

医療機関はこれまでマスコミとの接触機会が少なかっただけに、どれほどマスコミ掲載の威力があるのか実感が湧かない方もいらっしゃることと思います。しかし、マスコミに掲載されれば

・知名度が上がると同時にイメージアップにもつながる
・スタッフの士気向上につながる
・他の媒体へ波及し、その効果が長続きする


といった効果が見込まれます。それだけに、一般企業の経営者たちは「マスコミに掲載」されることに血眼になる人もいるのです。しかし、このマスコミ人の一言は滲みました。


本当に私たちが世の中、お客様のために役立つことを追求し続けていけば、マスコミはもちろん周りが放っておかない!そんなことを教えられたのです。

話は変わりますが、私は、情報化が進展し、人間関係も複雑化していく今の世の中で生き抜くためのキーワードとして、


“面白い”


を挙げています。言い方を変えれば

“ユーモア”

です。情報伝達そのものが速く複雑になり社会からゆとりが奪われているように思います。その反動からか、うつ病患者の増加、子育てストレスが嵩じての育児放棄、虐待、あるいは家庭内での暴力事件など社会を取り巻く環境がどことなくぎすぎすしています。

そんなところから私はこれからのビジネスにおいて『面白い』がキーワードになって来るように思います。

「医療のようなシビアな世界に“面白い”など適さない」

という反論ももちろんあろうかと思います。確かにその通りです。ですから患者さんに相対するシビアな場面ではシリアスであっていいのですが、何か社内で取り組む時、新たなチャレンジをするとき、新しい発想を要する時などはしかめっ面でウンウン唸ってみたところで出てくるわけがありません。

こういう時こそリラックスした状態で面白いを追求していけば新しい世界が開けてくると思います。

そういう新しい取り組みには、社会はもちろんマスコミだって放ってはおかないはずです。
[PR]
by yongenso | 2010-09-15 07:51 | 四元重美ブログ