<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

経営理念執着病

昨晩、あるクリニックからお誘いを受け新しい職員の歓迎会・懇親会に出席してきました。外部者は私を含め3名。二次会、三次会までごちそうになり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

その中でドクターとかなりの時間お話をしたのですが、その話題が

「経営理念」

です。私はこの経営理念というのがこれから本当に大事になってくると思っています。それは昨今の企業の不祥事と無縁ではないと思うからです。今消費者、生活者は企業やメディアから発信される情報を鵜呑みにしない、特に企業から発せられるきれいな、プラスの情報に対して敏感になっています。疑いの目を向けているのです。

そうした中にあって企業たるもの確固たる「企業哲学」「理念」「方針」が必要です。どんなことがあってもぶれない姿勢、それは理念に立脚した考え方、行動だからぶれないのです。

このドクターとは

「増患」

ということについて盛り上がりました。果たして医療機関にとって「増患」はいいことなのか?今医療機関といえども競争が激しくなり、どのように患者を獲得するか?ということがテーマになっています。医療機関は収益事業ではないといわれるものの一定の収益がなければ維持できないことも事実です。だからこそ「増患」

私はもともとこの「増患対策」という言葉に抵抗を感じています。患者を増やす…とは病人を作るということにつながらないでしょうか?。正しくは「増ファン対策」というべきです。

それはともかく、このドクターはただやみくもに患者を増やすという視点は整合性が取れないといいます。今50人しか来ないところを増患だといって200人来るようになった。これは非現実的です。スタッフの体制、医療機器が揃わない、あるいは建物自体のキャパシティが整わない…。これはあまりに無鉄砲です。

結局、


●なぜ患者、ファンを増やさなければならないのか?

●自院は何をもってこの社会に貢献しようとするのか?

●同じ医療機関でもどの分野の役割を果たすのか?



そうした基本方針を明確にしない、極限まで掘り下げないまま、ただ増患を謳うのは本末転倒と言わざるを得ません。その根幹こそが経営理念なのです。

私もこれまで多くの医療機関とお付き合いしてきましたが、経営理念をしっかりと、しかもよそからの借り物ではなく、自らの言葉で語っている例があまりにも少ないように感じています。

そうした観点からこのドクターが目指す方向性はとても共感できるものです。私は私なりに精一杯お手伝いさせていただこう、その理想実現のためにお役立ちをしようと意を強くしたのでした。
[PR]
by yongenso | 2009-04-29 13:39 | 四元重美ブログ

女性の力活性剤

今日は鹿児島大学の21世紀ルネッサンスアカデミーにおいて講師を務めてきました。この講座は、社会人を対象として新規ビジネス、ソーシャルビジネスの育成を目的として始まったもので今年で3年目です。

私は当初からこの講座の『プレゼンテーションスキル』を担当させていただいております。この講座は

自分の思い、プランをどう伝えるか、どう分かってもらうかというスキルを磨くためのものですが、特に今回感じたのは女性の参加者が増えているということです。それだけ女性の社会進出が盛んになっていることもありますが、何か新しいことをはじめたい、何か社会的に役に立つことをやってみたい、そう感じている女性が増えていることの証拠です。

私はこれからのビジネスにおいて女性の感覚を活かす、女性の視点を取り入れる、このことがとても大切になってくるのではないかと感じています。

それは、地球温暖化をはじめとした環境問題はもちろん、世界各地で起こっている紛争と無関係ではありません。世界の人々は平和な暮らしを望んでいるにもかかわらず、争いが絶えない。これには直線的な男性の考えが色濃く反映しているのではないかと。

これに対して女性は曲線的であります。争いごとを望まないし、母性愛で人を包みこむ、これが本姓であります。最も最近ではボクシングなどの格闘技に女性が進出し、狂喜乱舞する女性が増えていることにいささか違和感を覚えているのですが・・・・。

しかし、いずれにしても女性の活躍のフィールドがどんどん広がっている傾向にあることは大歓迎です。およそ女性が働くなどとは想像しえなかった建設現場、トラック輸送現場などをはじめとして、イキイキと働く女性が増えていることは歓迎すべきことです。

われわれ男性経営者、幹部はそのことをよく認識しておおいに女性の登用を図りたいものです。

d0091249_1258727.jpg

[PR]
by yongenso | 2009-04-19 12:53 | 四元重美ブログ

誉め言葉欠乏症,認められたい症候群

久しぶりのブログです。

私が最近通っているクリニックで気になっていることがあります。そのクリニックには看護師をはじめ、多くのスタッフがいるのですが、その中で一人、少し冷たい対応をする人がいるのです。

その顔に笑みが浮かぶこともなく、冗談を言ってもその表情が変わることはない…。挨拶をしてもただ機械的に返すだけで、この人と会うたびに私は「正直この人には診てもらいたくないな」と思い、なるべく目を合わせないようにしていました。

しかし、あるとき「これではいけないな」と感じたのです。それは「こちらが嫌だなと思ったから、あっちもそれ相応の感情を持っているのでは?」と考えたのです。まさしく鏡の法則です。

それで、相手が変わらないのなら、こっちから積極的に変えてみようと思い始めました。…とはいえ思い始めただけで、なにか解決策が浮かんだ訳ではありません。まず、私は


なぜこの人はニコリともしないのか?


を考えることにしました。

そもそも「冷たい対応」をすることの原因が分かれば、その人と仲良くなる糸口が見つかるかもしれない…、そう考えたからです。


私はその人が近しい存在の人々、つまり家族や友人、周囲の人々から認められなかった、あるいは誉められなかったために心が満たされず、心を開いてくれないのではないか?という結論に至りました。


私のこの考えが当たっているかどうかはまだ定かではありませんが、少なくともその人の笑顔を見たことがないということは、打ち解けてはいないということを意味します。

人の笑顔を引き出す、これは非常に難しいことですが、しかし私はこれをチャンスだと考えています。もしこの人の笑顔を引き出すことが出来たなら、それは私がその人の心を動かしたということに他ならないからです。

そのためには、


その人らしさ、その人特有の美点に目を凝らす


必要があります。人には必ずいいところがあります。美点だけの人もいなければ、欠点だけの人もこの世には存在ません。私自身が心を込めてしっかり見てそれを素直に誉める。これでひょっとしたら私に笑顔を返してくれるかもしれません。

人の心を動かすとは、まさに自らを変えること、自分自身が先に変わることだと思います。
[PR]
by yongenso | 2009-04-03 17:55 | 四元重美ブログ