<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ユーモア欠落症

昨日は衛星中継にて作家の五木寛之氏の講演を聞くことができました。以前から名前だけは知っていたのですが、話を聞くのは初めてです。

氏は、長年作家として生きてこられて最近不思議に思われることがあるそうです。五木さんと接触する若い編集者、特に女性に“心療内科”通いの人が多いと言うことです。まるでショッピングに行くかのような気軽な気分で・・・。

旧来型の人間である私などは、もし掛かるとなったら遠慮がちに行くだろうなと思うのですが、現代っ子はそうではない。ある面、それは非常に医療機関と患者の間が近くなったことだからいいことではあるのですが、しかし、五木さんはそれを憂いていました。なぜ?

体調が悪かったりすると、我々は何か自分の生活スタイルに誤りがあったのではないかと反省するのですが、それを「病気」とひとことで片付けて、深く考えることもなく薬や病院に頼ってしまう。その安易さが最近の暗い世相、荒れた世相と関係しているのではないか?と分析されていたのです。

その最たるキーワードが「うつ」です。最近はうつ病をはじめココロの病というものが爆発的に増えている状況です。しかし、五木氏は

「うつ」は決してマイナスだけではない

というのです。

もともと、「鬱」という言葉には、「草木が勢いよく伸び、生命力があふれる様」を意味するのだそうです。とすれば、「うつ」な気分になるというのは、これから新しいエネルギーが生まれ出る前の状態であり、人間にとっておよそ必要なものである。だから、うつを忌み嫌わず、休息の時間が与えられたと


喜んで受け入れる


必要があるとの話でした。

現代は、通り魔事件や家族間の殺人など目を覆いたく、耳をふさぎたくなるような事件が頻発しています。しかも、殺人事件がメディアを賑わさない日がありません。その根源に私は、


「ユーモア」


が欠落した社会があるように思います。

確かに不況に突入し、リストラや給与カットで心が荒み、笑ってなんかいられない状況でしょう。しかし、そういう時こそ、悲しみを一旦受け入れ、それを喜びに変えるフィルターとしてのユーモアを持つ必要があると思うのです。そのようなゆとりを多くの国民ひとりひとりが持たない限り、もっと悲惨な状況が生まれてくるようで心配でなりません。

今日の五木氏の話は、まさしく自分自身の生き方を考えさせてくれるとても清々しい、心を軽くしてくれるお話でした。
[PR]
by yongenso | 2008-12-12 15:58 | 四元重美ブログ

おもしろい話活性剤

今日あるセミナーに出席しました。私と同業の講師で「失敗しないお店創りの法則」というテーマでした。しかし、期待とはちょっとかけ離れた感のある、しかも今ひとつインパクトに欠ける内容のように感じました。

言っていることそのものは原理原則に即しており納得できる内容なのですがどうも心に響かない、即今日から実践できるエッセンスが感じられないといったところです。その原因は果たして何なのか?


話の組み立て方


にあります。同じ話でも順番や表現の工夫によってまったく異なったものになります。そこで私は伝わりやすい話のポイントをまとめてみました。

1)解説、説明に終始しない(理論はわかりにくい)
2)事例を中心に展開する。ドラマはリアリティがありわかりやすい
3)レジュメは詳しく書かない。詳しく書くと聞き手は自分で考えることをやめてしまう
4)パワーポイント(スライド)を多用しない。聴衆が画面に気を取られてしまう
5)総花にしない。欲張らずひとつのことを掘り下げる

結論から言って、

話は事例を中心にしてそれに理論づけする

のがポイントのように思います。「おもしろくない話を2時間聞くのは拷問に等しい」と聞いたことがあります。本当にその通りだと思いますね。
[PR]
by yongenso | 2008-12-11 08:59 | 四元重美ブログ

強い想いで病気を克服しま症

先日感動的な番組を見ました。「認知症」と「老人性うつ病」を患った母親に13年もの間、一日一枚毎日ハガキを送り続けた娘さんの話です。

そもそもハガキを書くきっかけは、父親から母親の面倒を見るために郷里に帰ってきて欲しいとの申し出からです。しかし、その申し出は断らざるを得ませんでした。その理由は重度の脳性麻痺を患った自分自身の娘さんの介護があったからです。

帰ることはできない、でも母親の役に立ちたい。その純粋な気持ちが毎日ハガキを書くことへと彼女を駆り立てたのです。最初はただの通信、年月を経るに従って季節感あふれ、見る人を楽しませる絵手紙へと変化していきました。

ハガキを書き始めた頃は何の変化もなかったそうです。しかし4年5年と続けるうちに母親に変化が現れました。認知症の進行が止まり、ついには普通の暮らしができるまでに復活したのです。その年老いたお母さんがインタビューに答えていましたが、何ら違和感はありませんでした。


「たかがハガキ一枚でここまで変われるものか!」


と私は感激しましたが、さらに素晴らしいと感じたのは「よくぞ毎日書く事がよくあったなあ」ということです。その問いに対して彼女はこう答えました。

「確かに行動範囲は限られているけど、書こうと決心するといくらでもある。書くにしたがって些細なことに気付けるようになった」

と。


些細なこと、小さなことに目を向けるとそこには感動できることがいっぱい散らばっているんですね。、ただ私たちはそれに気づいていない、目を向けていないだけではないかと反省させられました。


世の中の全ての出来事はまず心の中で作られ、それが形となって現れる


と言われます。心の中の強い想いが新しい発見や発明そして奇跡を生んでいくのでしょう・・・
[PR]
by yongenso | 2008-12-07 11:38 | 四元重美ブログ