<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

疑わしきは被告人の利益にあらず

インフルエンザの特効薬と言われる「タミフル」を服用後、マンションから飛び降り死亡した16歳の少年のニュースが流れました。

厚生労働省のこれまでの調査によると、「服用後に死亡したのは昨年10月までに54人。うち3人が転落など異常行動死で、残りは肺炎や肝機能障害などだった。」としています。

同様の例は以前にもあり、服用による副作用の可能性が指摘されていましたが、厚生労働省は「因果関係は否定的」との立場のようです。もともと、インフルエンザの患者自体が不可解な行動をとることもあり、その実態は未だ不明ですね。

私自身も医療の専門家ではないので軽率な発言はできないのですが、この問題に対しての国のスタンスに若干疑問を感じずにはいられません。

それは“疑わしきは国民の利益”ではなく、企業の側に立っているようにも思えるからです。日本とヨーロッパ諸国のちがいとして聞いたことがあるのですが、


日本は

“需要側が因果関係をはっきりさせる”

ヨーロッパは

“供給側が因果関係をはっきりさせる”

というパターンが多いらしいんですね。つまり、ヨーロッパの場合は疑わしいという問題が発生したら、それは無関係ですよという立証ができない限りその商品やサービスを提供することができないのです。

一方、日本は消費者の側が「これはおかしい!」と立証できない限り商品やサービスをストップさせることができないのです。

今回のタミフルが果たして異常行動の原因なのかは分かりませんが、その判断だけは早急にやって欲しいと思います。

その判断が遅れたために大問題に発展した例はいくらもあります。代表的なのが


“熊本県の水俣病”


当時、化学工場から出る水銀が疑われたものの、その根拠があいまいだということで行政は何の手も打たず20年以上の歳月が流れ、ようやく因果関係を認めたということからも明らかです。

とかく、判断が遅れれば遅れるほど被害者が増える結果を招きかねません。

ちなみに当社の社員の11歳になる息子さんがタミフルを服用して奇怪な行動をとり、「ひょっとしたら死ぬんじゃないか!」と恐怖にさいなまれた体験談をつい先日してくれたばかりです。

「疑わしきは被告人の利益に!」

ということばがありますが、国のスタンスとしてこうした命に直結する問題は

「疑わしきは国民の利益に!」

というスタンスを持ってもらいたいと考えます。
[PR]
by yongenso | 2007-02-28 14:02 | 四元重美ブログ

職人という名の魔物

“腕が良い”

“技術に自信あり”

“熟練の技”

“品質はピカイチ”


これは職人の腕の良さを表す言葉としてよく使われる。こうした言葉は良い商品をイメージさせるが、時としてマイナスにも作用する。

私は今日ある看板に惹かれて場末の豆腐屋に立ち寄った。


「まるでプリンのような柔らかさ。スプーンでそっとすくってあげて下さい。あなたのお口をとろけさせます・・・。『おぼろ豆腐一丁120円』」


この看板に私はいちころ!早速立ち寄って買い求めた。


しか〜し


いっぺんに興ざめした。出てきたのは30代ぐらいの店主だったが、私が「この豆腐はどういう食べ方がいいですか?お奨めの料理法は?」と聞いても

「普通でいいですよ!」

「普通???」
「普通って何よ!、どういうこと?」

合点がいかないので再度質問

「普通って醤油をかければいいんですか?」

「いいですよ!」

「他に注意することはないですか?」

「エットね、水を良く切ってください」

「あ、そう。わかりました。じゃあ2丁ちょうだい!」

「ありがとうございました〜」


はい、これでおしまい。

あくまでも私が聞いたから相手は答えただけ。向こうの方からは何も教えてくれない。

おいしい食べ方、旨みの引き出せる料理法などプロだからいろいろ知ってるだろうに・・・

ほんとにガッカリした。これじゃあ豆腐そのものもまずいのでは?とさえ思えてくる。

職人の世界にはこういう例が多い。確かに腕に自信はあるのだが、接客がまるでなっていない。腕一本でお客が集まると思っている。


腕にお客が集まるのではない。腕が良さそうに見えるところに集まるのだ。


この見えるところ、つまり伝わるか伝わらないかが分かれ目

医療機関にも同じようなことが言えるのではないだろうか?

医療機関はそれこそ腕が良くなければ患者にとって命取りになるだけに、患者はより一層慎重さを期す。

だからこそ、医療の側から自らの正しい姿を伝えることを怠ってはならない…


ここでちょっと一服。(^ .^)y-~~~

次の写真を見ていただきたい。あるレストランの玄関先に掛かっていた看板。黒の白抜きの看板!ではない・・・その隣にある赤の小さな文字・・・

d0091249_16525320.jpg

ちょうどお昼過ぎの休憩中に掲げてあった看板で「爆睡中」とある。これが単に「休憩中」とか「準備中」ではおもしろくない。「爆睡中」なら何となく微笑ましい。店主が午前中目一杯働いて、いま身体を休めてるんだろうなあと勝手に想像してしまう。



実はこうした言葉の使い方で伝わる度合いが異なるのだ。普通に伝えていたら言いたいことの半分も伝わらないのに、言葉を変えただけでグッとその真実味が増す。

伝わるか伝わらないか、腕が良いか、味が良いか。これはひとえに、言葉やボディランゲージにかかっている。


メディカル広報センターのホームページ ↓↓↓
http://www.medical-koho.com/
[PR]
by yongenso | 2007-02-17 16:56 | 四元重美ブログ