伝わる技術(プレゼン)発達障害

d0091249_17384143.jpgプレゼンテーションとは、こちらが意図していることを相手に伝える技術ですが、しかしこの人前でしゃべる、何かを伝えるということが苦手!という人が多いように感じます。しかし、これからはこの能力がなければうまく仕事をしていけないのでは?と考えています。その背景には

1)情報ツールの進歩で人の口から口への伝達の機会が減っている

2)消費者の企業に対する不信感から営業マンのトークを鵜呑みにしない

3)核家族化の進行でコミュニケーション能力が低下した…

などがあります。このプレゼンテーション能力は医療現場でも、ドクター⇔患者、ドクター⇔医療スタッフの間で多いに関わりがあります。その背景には医療事故、医療過誤、医療不信などがあり、結局これはコミュニケーション不足に起因していると思っています。

以前講師をさせていただいた鹿児島大学の社会人向けスクールの成果発表会(プレゼンテーション)が先日開かれ、私も見学してきました。生徒たちは一年間にわたり学んできたテーマをパネルにして発表します。その内容も実に多彩で、鹿児島らしさをテーマに地域の自然を生かした観光プロジェクト,焼酎を活かした街おこし,焼酎と果物を組み合わせた新製品開発プランまで31人のプランが披露されました。

この中には今すぐにでも実現できそうな、役立つ発想というものがいくらかあり、私自身も非常に参考にかつ刺激になりました。しかしながらせっかくの良いアイデアなのにプレゼン能力が稚拙なばっかりに人々の胸に響かないというもったいないケースも目立ちました。そこで私なりに聴衆に相手に伝わりやすいプレゼンのポイントを整理してみました。

1)ボディランゲージ豊かに
なるだけメモを見ず説明調にならないように。プレゼンの際はハンドマイクではなく、ピンマイクを利用

2)ツールを最大限活用する
グラフなどのデータや写真、企画にまつわる道具や商品などを見せながら実演

3)文章はなるだけ短くする
ポスターなどの表現はダラダラと長くするのではなく、ポイント毎に要点を伝える。箇条書きを利用する

4)声に抑揚をつける
人に迫るような声の大きさと感情を押し殺したような声の使い方で変化をつける。聞き手へ質問するのもよい

5)非常識な表現を取り入れる
聞き手が「何だろう?」と思うぐらいの思い切った表現、いわゆるつかみを行う。しっかりとしたプランと非常識な表現とのギャップで聞き手を惹き付けられる

こうしたプレゼンテーションに企画そのものの精度が高ければ高いほど、その企画はより真実味を帯びてきます。そのためにも

●ターゲットを明確にする
●人の心の変化に照準を合わせ、起承転結に沿ってプレゼンする

この二つを意識して取り組むことが大切です。d0091249_17393088.jpg

メディカル広報センターのホームページもときどき覗いてみて下さい。
[PR]
by yongenso | 2007-08-28 17:27 | 医業PRのヒント


<< 表現力アップ栄養剤 ギャップ連発症候群 >>