一点集中,全面突破

d0091249_1420440.jpg
昨日市内のデパートにオープンしたばかりのスイーツのテーマパークに行って来ました。東京、北海道、横浜、神戸の有名どころが初めて鹿児島に出店した8店舗からなるテーマパークです。

日曜日ということもあり、店内の人出はそれこそ芋の子を洗うような込み具合でした。日本を代表するパティシエやスイーツクリエータがプロデュースするだけあってなかなかの人気です。

私はたかがケーキ屋が8店集まっただけじゃないか!とタカをくくっていたのですが、私の予想は見事に裏切られました。

なぜ、これほど人気があるのか?

第一に、鹿児島初のテーマパークであること
第二に、有名店を揃えたこと
第三に、8店舗のボリューム感があること

もし、店舗が2店舗だけだったとすればおそらくほとんどの人の注意を引くことは不可能でしょう。8店舗集まったからこそ話題性になるわけです。もちろん、それぞれの店は特長や異なるイチオシ商品を持っています。であればそれぞれの味を8回も楽しめるわけですね。つまり、これはワンストップショッピングです。

このワンストップサービスというのは消費者から見ると、とても便利なサービスです。

その最たる例が、


“メディカルモール”


患者はあちこち移動せずに診察を受けたり、あるいは薬をもらえるというメリットがあります。また、より多くの診療科目が一ヶ所にまとまることによってPR効果は絶大なものがあります。

最近ではよくこうしたひとつのテーマに特化したショッピング街や商店が出現しています。これは「一点集中」の戦略です。

一点集中することによって消費者の頭の中に「ポジション」を明確に植えつけられるわけです。それがかなりの規模であればあるほどなおさらです。

一点集中を図ることによって、市場の話題を集めることができる、結果として「全面突破」が可能になるわけです。
[PR]
by yongenso | 2007-03-12 14:39 | 医業PRのヒント


<< 旅立ちの春 小さな小さな工夫 >>