柔らかな感性

「ホンのちょっとした変化を見逃さない」
「わずかな言動のちがいに気づく」
「相手の心の奥底にあるものを見る…」etc.

私たちに今求められているのはこうしたわずかな変化に気づける柔らかい感性ではないだろうか。

10代の少女らが中心になって、87歳の資産家の男性から1400万円あまりを脅し取っていたというニュースが流れた。

「世も末か!今どきの若いもんは金のありがたさを知らねえのか…」とどつきたい気持にもなる。

一方、この少女らが大金を持って豪遊するのを間近に見ていたタクシー運転手がいた。「おかしいな!」と思いつつも、そこから先へは踏み込まなかった。たぶんほとんどの大人は「どこか金持ちのところの娘だろう…」ぐらいにしか思わないだろう。

しかし、あえて私は言いたい。

ほんの小さな変化に気づける柔らかい感性を持とう!と。

先日紹介した建築設計会社の社長がこんな話をしてくれた。社員との会食の席で、社員がひんぱんにトイレに行くので「具合でも悪いのか」と聞くと「いえ、大丈夫です」と言う。何度も聞くが同じ答え。きっと疲れているのだろうと思い「家に早く帰って寝たら…」ということでタクシーまで手配をしてあげた。

しかし、それでもこの社長はどこか気になったという。顔色の悪さ、汗の出方などから単なる疲れではなく、何らかの重大な病気の前兆ではないかと思い救急車を手配したのだそうだ。

この機転の良さがこの社員の命を救ったのである。救急車の搬送先で「心筋梗塞」を起こしてると言うことで即刻治療を施してもらい、一命を取り留めた。

もし、あのまま家に帰っていたら間違いなくもうこの世にはいないはず。何と言っても心臓病は時間との闘い。6時間の壁を超えてしまったらまず命はない。

ほんの些細なことに気づいたこの社長のお手柄である。

少女たちが派手に金を使う場面に遭遇した場合、「変だな」と気づきそして何らかの具体的な手を打つ。そんな大人になりたいものだ。

それには

かねてから世の中を漠然と見るのではなく注意深く観察する感性が必要

なのだ。

メディカル広報センターのホームページ ↓↓↓
http://www.medical-koho.com/
[PR]
by yongenso | 2006-09-30 09:27 | 四元重美ブログ


<< かゆいところに手を届ける 野次馬根性 >>